出島テクニカルワールド(1月11日推奨銘柄 )

0111s

↑(週足)

 

 

 

0111h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
1/11(木)日経平均株価は▼77円の23710円で終了。中国政府が米国債購入を縮小するとの報道が出て111円台半ばまで円高が進み日経平均も前場には23601円まで下げ幅を拡大、しかしその後中国政府が否定した為、やや円安に戻り、日経平均も下げ幅を縮小。SQが近づくと不確かな材料にも敏感になりやすくなりますが、本質的には年初からの上昇に対する調整安と週末のSQ要因によるポジション調整の影響です。日経平均に関してはもう暫くは調整が続くと思いますが、新興市場銘柄や中小型材料株、テーマ株を物色する動きに変わりは無く、銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスなら特に問題は有りません。

 
【銘柄情報】【本日終値327円】

(東1)ユニデンHD(6815)  電気機器  1000株
無線機器やコードレス電話が主力で、米国・豪州中心に海外事業比率が高い同社ですが、北米でドライブレコーダーやCB無線機が好調、国内でも新型車載用モニターが好調で、北米では新型セキュリティーカメラ投入、アマゾンとの取引拡大を目指しています。昨年10/31に371円まで上昇した同社株ですが、その後は上昇一服で一旦調整局面を迎えましたが、300円付近での日柄調整を1ヵ月半ほど経過し、今年に入って再上昇の動きを見せています。テクニカル的には大局上昇トレンドは継続中、業績も好調に推移し2018年3月期見通しは大幅増収増益見通しで1株利益は37円台、加えて同社1株純資産は480円ですので現在の株価には割安感が有り、買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には310円台が目先の下値支持帯になりますので310円台で押し目買いを狙いたいと思います。多少の下振れは許容範囲と考えるなら時価近辺の320円台で買い実行でも良いと思います。当面は昨年10/31高値の370円付近が上値目処になりますので利食い目処は370円接近時、但し11/15安値285円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。市場拡大が続く自動車関連、セキュリティーカメラの好業績割安銘柄として買いで対応したい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 低PER・PBR銘柄
【第1買いポイント】  320円台
【第2買いポイント】  310円台
【売り値目標】  370円接近
【損切り設定】 285円を切れば損切り

 

無線機器やコードレス電話が主力で米国、豪州中心に海外事業比率が高い。不動産事業を拡充。豪州でスキャナーラジオが反動減。が、北米でドライブレコーダーやCB無線機順調。国内は新型車載用モニター他が着実増。営業大幅増益。北米で新型セキュリティカメラ投入、シェア増図る。アマゾンと取引拡大。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
12/29
1部
6508
明電舎
1/11終値489円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。
12/11
1部
4319
TAC
1/11終値366円、買いコスト340円台、推奨から1ヶ月が経過しましたので明日は利食い実行でポジションを解消したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る