出島テクニカルワールド(1月10日推奨銘柄 )

0110s

↑(週足)

 

 

 

0110h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
1/10(水)日経平均株価は▼61円の23788円で終了。年初から大きく上昇していますので今日はさすがに上昇一服で日経平均も反落。しかし下げ幅は小幅で、個別物色意欲の強さも変らず、強含みの地合いに特に変化は有りません。今週末にはSQも控えていますので、SQを通過するまでは24000円~23500円のゾーンでの値動きになると思います。しかし個別物色意欲は依然旺盛です、銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスなら日経平均の上昇一服も余り気にする事は無いと思います。

 

 
【銘柄情報】【本日終値476円】

(東1)芝浦メカトロニクス(6590)  電気機器  1000株
12/25にも買い推奨して買えなかった銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。同社はFPDや半導体等の製造装置メーカーで、好採算の半導体装置が堅調、FPD装置も中小型液晶向けに好調、加えて有機EL向けFPD装置も手掛けるなど、今後市場規模拡大が期待されている有機EL関連の一面を持ちます。半導体市場も、スマホの高機能化や自動車のハイテク化に伴う数量増やIoTによる半導体使用量の拡大も見込まれ、同社を取り巻く事業環境は良好、自動運転関連部品に適した新製品を投入するなど、自動運転関連の一面も持ちます。業績動向も収益拡大基調に有り、2018年3月期は大幅増収増益の見通し、2019年3月期も業績拡大が期待出来、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、この先適度案調整安場面が有れば押し目買い狙いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には450円前後が下値支持帯になりますが、約定確率を重視するなら460円台で買いを狙い、買えれば儲け物的対応で待ち伏せなら450円台が有れば買いとなります。当面は520円付近が上値目処になりますので利食い目処は520円接近時、但し420円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。直近高値からの調整が進んでいる好業績、半導体、有機EL関連銘柄として押し目買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、半導体、有機EL関連銘柄
【第1買いポイント】  460円台
【第2買いポイント】  450円台
【売り値目標】  520円接近
【損切り設定】 420円を切れば損切り

 

FPDや半導体等の製造装置メーカー。液晶関連強く同洗浄装置で世界首位。主力の液晶や半導体の製造装置は受注大きく積み上がる。半導体装置の納入はやや後ずれぎみだが、中国向けの大型液晶用が前倒し傾向。研究開発費増などこなし営業増益幅拡大。配当性向25%目安。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
12/07
ジャスダック
9478
SE H&I
1/10終値247円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います。但し先々270円を超えれば売却、220円を切れば損切りとなります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る