出世株発掘ドリーム・レポート(2018年1月9日推奨 )

船イラスト

 

日経平均株価1/9終値23849円

日経平均0109

 

 

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

 

新年明けましておめでとうございます。今年も会員の皆様に昨年以上の利益を上げて頂けるような相場分析、銘柄推奨を心かげて行きたいと思います。今年も1年間どうぞよろしくお願いいたします。

正月休み開けの日本市場は大きく上昇して始まりました。大発会の1/4は△741円、1/5は△208円、連休明けの1/9も△135円と連日上昇が続き、日経平均24000円も目前になっています。昨年12月には日経平均23000円を目前にしながらもなかなか23000円を超える事が出来ずに長く膠着した展開が続きましたが、年が明けてそこで溜まったエネルギーが一気に爆発したような展開です。

正月休み中の世界の株式市場が上昇基調で推移し、北朝鮮情勢も緊張緩和の動きが出て来ましたので、多少行き過ぎとも思われる上昇も、昨年12月に上値を押さえられていた反動と考えれば出遅れ修正高のようなものだと思います。特に1月の後半から本格化する国内主要企業の第3四半期決算への期待を考えれば多少行き過ぎるような動きも、相場の地合いの良さの表れのようなものです。しかし株価には当然ながら上げ下げの波が有ります、年初は今のところロケットスタートを切った日経平均株価ですが、このような上昇が続く訳では有りません。この先上げる日も有れば下げる日も有る、上げ下げをしながら上昇基調が続く、その様な冷静な感覚は常に持ちながら対応して行かなければなりません。

北朝鮮情勢に関しても、北朝鮮は対話を望んでも、米国や日本は核開発の放棄が先と言うのが原則です。この先まだまだ紆余曲折が有ると思いますので、北朝鮮が韓国との対話路線を一時的に進めても北朝鮮を巡る情勢が大きく変化する訳では有りません。簡潔に言えば楽観的になり過ぎずと言う発想がベストだと思います。しかし高まっていた米朝軍事衝突リスクが一時的に後退する事は株式市場にとっては好材料、それ自体は素直に喜びたいと思います。

 

年初の3日間で日経平均株価は1084円上昇しました、これほど上昇すると今年は日経平均はどこまで上昇するのか?と言う話題がちらほらと出て来ます。当然この先の世界情勢など、状況変化が有れば株価見通しにも変化が生じますが、テクニカルの面からだけで見た場合の見通しを簡潔に述べて見たいと思います。日経平均は2015年高値が21000円程度、その後2016年の安値が14900円程度ですので、この間の下げ幅6100円の倍返しとして27000円付近が当面の大きな上値目処となります。ざっくりとした計算ですが、今年、又は来年になるかもしれませんが、テクニカル的に見れば日経平均は27000円付近を目指す展開になる、その様な見方になります。当然そこに行くまでに一時的には大きく下げるような場面も有ると思います、株価には上げ下げの波は付き物ですが、安値買いを狙い、大きく吹き上げれば一旦利食い実行、このような投資を基本にする限り、最終的には利益は付いて来ると思います。

 

今年も投資の基本スタンスは、リスク少なく利益を追求する投資です、好材料を持ちながらも評価不足の銘柄、今後業績拡大が期待出来るにもかかわらず評価不足の銘柄など、簡潔に言えば割安に放置されている銘柄で大きく吹き上げる動きが期待出来る銘柄、その様な銘柄を中心に安値を仕込んで吹き上げを待つ、このような投資が今年も日本市場で最もリスク少なく大きな利益を得る投資になります。株式投資をバクチにするのも、手堅い資金運用(資産作り)にするのも、どのような投資をするか?やり方次第です。最高のスタートを切った株式市場ですが、今年も上げ下げの波は当然有ります、しかし先に述べたような投資スタンスを徹底すれば今年も最終的には利益はついて来る投資環境になると思います。今年も銘柄重視で個別対応、昨年以上の利益を目指して株式投資に取り組んで行きたいと思います。

 

 

 

本日の買い推奨銘柄

JQ 情報通信 4814 ネクストウェア 1/9終値374

 

買いゾーン①時価 ②340円台 利食い目処600円前後 損切り300円割れ

 

同社は銀行・生損保などの金融機関や製造業向けアウトソーシングが主力ながらデジタル地図事業やブロックチェーン技術の開発、顔認証システム、セキュリティー事業などを手掛けています。利益水準自体はまだ低いものの、昨年の7-9月期は経常利益が対前年同期比で13倍に急増するなど足元の業績は好調、顔認証システムやブロックチェーン技術など成長性に対する期待は大きく、時価近辺の株価は買いで臨みたい局面となります。昨年の6月にはブロックチェーン技術に対する期待から550円まで上昇した同社株でしたが、その後は調整局面を迎え現在に至るものの、顔認証システムやセキュリティー事業に対する成長性に関しては評価不足の感が有ります。昨年6月の急騰に対する調整局面も終盤、買いで臨みたい銘柄です。

4814 ネクストウェア 月足チャート

ネクストウェア月足MS

 

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

今回は特に無し

何もコメントが無ければ保有している銘柄は現状維持(保有継続)の方針とお考え下さい。

 

 

あけましておめでとうございます。今年一年会員の皆様方にとって良い投資成果が得られるよう、有益な相場分析・銘柄情報の提供に一層の精進を努めて参りたいと考えております。今年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。

 

 

※次回の提供日は1/15(月)です。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る