リアルタイムサービス(12月29日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は57円高の22841円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇、NYダウは過去最高値を更新、年末を控えて商いは閑散ながら企業業績の拡大を期待した買いが優勢と言う展開です。発表された12月の景気指数も市場予想を上回るなど引き続き足元の経済情勢も良好、全般的には堅調な米株式市場ですがハイテク株だけは総じて冴えない値動きでした。昨日は「北朝鮮にミサイル発射の兆候あり」との報道を受けて下落した日経平均ですが、今日は買い戻しが先行する展開で反発。しかし円高気味の円相場や今日は大納会で年内最後の営業日ですので積極的に買う動きも有りません。ざっくりと言えばポジション調整の売買が中心、個別物色の動きも来年を見据えた買いは限定的。今日は大納会で年内最後の営業日です、日本市場は明日から1/3まで5連休で正月休みになります。基本方針としては、出来るだけ保有銘柄を減らして正月休みを迎えたいと言う方針に変わりなく、後場は保有銘柄の中から2銘柄を売却して一旦ポジションを解消したいと思います。まずは3742ITbook(前場終値566円)、買いコストは530円前後ですので時価近辺で売れば利食いになります。一旦利食いを実行し、そして年が明ければ適度な調整場面を待って再度買いを考えたいと思います。次に5289ゼニス羽田HD(前場終値400円)、買いコストは380円台ですので時価近辺で売れば小幅ですが利食いになります。一旦利食いを実行し、そして年が明ければ適度な調整場面を待って再度買いを考えたいと思います。あくまでもリスク管理の意味から保有銘柄を減らして正月連休を迎えたいとの対応ですので、この2銘柄が引き続き有望との判断に変りは有りません。その他の保有銘柄に関してはそのまま保有継続で対応したいと思います。今日2銘柄を手仕舞いすれば保有銘柄は4銘柄に減ります。4銘柄であればさほどリスクを意識する必要も有りません。後場は上記2銘柄の利食いを実行して終わり、その後は何もする事は有りませんので株式投資においては正月休みモードに入って頂いて良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る