出島テクニカルワールド(12月21日推奨銘柄 )

1221s

↑(週足)

 

 

 

1221h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
12/21(木)日経平均株価は▼25円の22866円で終了。米税制改革法案成立を受けて昨夜の米国市場は小幅に下落、一旦材料出尽くしと言う展開になったものの下げは限定的でした、本日の日本市場も小幅反落となったものの、米税制改革法案成立後の材料出尽くしの反応も限定的で明日以降は逆に安心感が高まるのでは無いかと思います。警戒材料が通過し、円相場は113円台の半ば、明日は一気に23000円台に乗せると言う展開も有るかも知れません。しかし日経平均が目先上下どちらに振れようが、中期トレンドが上昇基調と言う事に変わりは無く、個別物色意欲の強さにも変化なし、引き続き12月相場は全体よりも銘柄重視、個を重視して対応して行くと言う投資スタンスなら特に問題は無いと思います。

 
【銘柄情報】【本日終値743円】

(東1)藤倉化成(4620)  化学  100株
同社はフジクラ系で、アクリル樹脂派生製品の4事業が柱、主要顧客は自動車、電子、建築業界。建築用塗料は不振ながら自動車、電子材料向けは好調、架空取引被害による貸し倒れ費用4,2億円の影響で2018年3月期は小幅減益になるものの、来期は増益が見込まれ、1株利益見通しも75円。加えて同社1株純資産は990円有り、現在の株価には割安感が有ります。テクニカル的には2009年以降の終値ベースでの高値を突破し上昇トレンドは継続中、直近は割安銘柄として見直し買いの動きが強まり上昇基調が続いていますので、この先適度な調整安を待ってから押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的には720円~700円のゾーンが当面の下値支持帯になりますので、この先720円~700円付近への調整安が有れば買いを実行したいと思います。当面は800円付近が上値目処になりますので利食い目処は800円接近時、但し650円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。業績面から見れば依然割安感が有り、テクニカル面から見ても一段高が期待出来るチャート形状、来年の1月相場を見据えて調整安場面が有れば押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 低PER・PBR
【第1買いポイント】  720円台
【第2買いポイント】  700円台
【売り値目標】  800円接近
【損切り設定】 650円を切れば損切り

 

フジクラ系。アクリル樹脂派生製品の4事業が柱。主顧客は自動車、電子、建築。好財務内容。コーティングは海外自動車向け快走。化成品もトナー用外添剤が寄与。建築用塗料の不振補う。架空取引被害による貸倒費用4・2億円こなし、営業益横ばいに増額。19年3月期も海外自動車向けコーティング堅調。貸倒費用消え営業増益。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
11/21
ジャスダック
3356
テリロジー
12/21終値319円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、330円台、300円台と買い下がり、利食い目処は380円接近時、但し280円を切れば損切りと言う、

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年7月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る