リアルタイムサービス(12月18日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は267円高の22820円で前場を終了。先週末の米国市場は、税制改革案の修正協議が合意したとの報道を受けてNYダウ、ナスダック指数、S&P500共に上昇して揃って過去最高値を更新。 今週前半にも上下両院で採決を行う予定、可決すれば税制改革案は成立、減税の分だけ企業収益が増加し、海外に蓄積している利益に対しても、米国に戻す際の税金がなくなり、M&Aや設備投資拡大が期待出来、株式市場にも大きな追い風になります。 又、減税による米財政悪化は米長期金利の上昇要因となり、これは円安要因でも有りますので、日本株にとっても好材料。 米税制改革法案が成立するかどうか?一抹の懸念も有りましたが、年内の成立がほぼ確実となり、株式市場の波乱材料になりうる一つの要因は無くなりました。 北朝鮮情勢や中東情勢など引き続き波乱要因は残りますが、世界経済への直接的な大きな影響は無く、一時的な下げ材料が出て来るかもしれませんが、過度に警戒する事は無いと思います。 仮に先々北朝鮮情勢や中東情勢によって売られるような場面が有ればこれまで同様に安値買いのチャンスと考えて対応すれば良いと思います。 先週は売り優勢の展開で下落基調が続いた日経平均でしたが、今日は買いが先行する展開で日経平均は上げ幅を拡大。 米税制改革法案の進展、円安進行を好感して日経平均も一時22833円まで上昇、買い一巡後は若干上値が重くなっていますが、今日は強含みの展開です。 しかし今週米税制改革案が上下両院で可決して成立すれば、一旦材料出尽くしで米国株が反落する可能性も有ります。 そうなれば日本市場も米国株の影響を受けて若干下振れする可能性も有りますので、保有している銘柄に関しても今日は利食い出来る銘柄、外すべき銘柄は売却しておく方が良いと思います。 まずは3113OaKキャピタル(前場終値320円)、買いコストは280円台~270円台、推奨時利食い目処とした水準には届きませんが、後場は手堅く利食いを実行して利益を取りたいと思います。 更に8411みずほFG(前場終値204,5円)、先週も述べましたが、やや上値が重く、後場は利食い実行でポジションを解消したいと思います。買いコストは200円ですので小幅ですが買値を上回っていますので売却して資金は新たな銘柄に投じたいと思います。 その他の保有銘柄は引き続き保有継続で良いと思います、この先個々の銘柄の値動きを見ながら随時売却の時期を見極めて行きたいと思います。 今日は特に買いたい銘柄は有りません、後場の対応は保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2020年3月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る