リアルタイムサービス(12月13日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は59円安の22806円で前場を終了。昨夜の米国市場は、ハイテク株の比率が高いナスダック指数は小幅安で5日ぶりに反落となりましたが、NYダウは118ドル高で4日続伸、過去最高値を更新する展開になりました。 発表された経済指標が良かった事に加えて増配と自社株買いを発表したボーイングが買われ、米卸売り物価指数が上昇した事から金利上昇が連想されて金融株が買われた事がNYダウの上昇につながったと言う感じ。 しかし今夜は米FOMCの結果が発表されると言う事も有り積極的な売買は見られず、昨夜の米国市場も物色の中心は材料が出た銘柄の個別物色です。 本日の日本市場も円安一服、米FOMCの結果発表を控えて売りが先行する展開で日経平均は下落基調。 クリスマス休暇入りに備えて海外投資家の積極的な買いは無く、どちらかと言えばポジション調整、又は買いポジションを解消する動きが中心で、相場の中身としては個別物色中心の展開です。 日経平均は昨日23000円乗せにチャレンジしたものの押し戻されると言う展開になりましたので今日は一旦下値の堅さを確認すると言う流れも致し方有りません。 しかし12月相場は、日経平均の値動きよりも個々の銘柄重視と言う環境ですので、日経平均の値動きは余り気にしなくても良いと思います。 この先好材料が出れば自然と23000円に乗せる事になりますし、多少下げる場面が有っても下値不安は限定的です。 今日は12/11に買い推奨をした7908KIMOTOが357円まで上昇して推奨時利食い目処とした360円接近を達成、利食い完了と致します。 又、引き続き有望銘柄との評価は変りませんので、この先再度安値が有ればもう一度買い推奨を考えたいと思います。 その他の保有銘柄に関しては引き続き保有継続で一段の上昇を待つと言うスタンスで良いと思います。 後場は東証2部5289ゼニス羽田HD(前場終値388円)の買いを実行したいと思います。過去にも何度か買い推奨をして来た銘柄ですので推奨理由の詳細は省きますが、好業績、割安、好材料を持つ銘柄として再度買いを考えたい局面です。 電線地中化関連の材料性、加えて毎年大雨による水害も増加していますので、防災・雨水向けコンクリ2次製品を手掛けている事を考えれば防災関連の公共事業関連としての材料性は引き続き有望です。 まずは時価近辺の380円台で1回目の買いを実行、仮にもう一段の安値が有れば360円台で買い増しを待ち伏せしたいと思います。 利食い目処は440円接近時、但し330円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る