出島テクニカルワールド(12月11日推奨銘柄 )

1211s

↑(週足)

 

 

 

 

1211h

↑(日足)

 

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
12/11(月)日経平均株価は△127円の22938円で終了。今日は買い先行で始まったあと目先の利食いに押されて一時マイナス圏に沈む場面も有りましたが、売り一巡後は押し目買いで切り返し後場は一段高で上げ幅を拡大。今週は米FOMCが有りますが、利上げに関しては既に織り込み済み、米雇用統計も市場予想を上回る良い結果になり米経済に問題はなし、円相場も113円台半ばまで円安が進み、国内主要企業の業績にも好材料。今日は日経平均も上昇して新興市場銘柄やテーマ株、中小型の材料株など個別物色の動きも旺盛でした、引き続き銘柄重視のスタンスで対応して行くなら特に問題は無いと思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値362円】

(東1)TAC(4319)  サービス  100株
同社は会計、法律分野の「資格の学校」大手で、法人研修、出版、人材紹介事業も手掛けています。安倍政権ではアベノミクスの主眼として、「働き方改革」や「人づくり革命」を看板に掲げており、首都圏を中心に幅広い資格取得学校を展開する同社に物色が強まり11/28には416円まで上昇。その後は一旦調整局面を迎えていますが、テクニカル的には上昇トレンドは継続中、業績面でも政策面での追い風も有り増収増益が期待出来る環境、直近上昇はしていますが大局的に見れば株価は底値圏に位置しており、もう一段の調整安が有れば押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的には340円~320円のゾーンが下値支持帯になりますので、340円台で1回目の買いを狙い、その後もう一段の安値が有れば320円台で買い増しを実行したいと思います。同社株は100株単位で買えますので、340円台から10円刻みで買い下がると言う買い方も一考だと思います。当面は直近高値水準の410円台が上値目処になりますので利食い目処は410円接近時、但し280円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 政策関連
【第1買いポイント】  340円台
【第2買いポイント】  320円台
【売り値目標】  410円接近
【損切り設定】 280円を切れば損切り

 

会計、法律分野の『資格の学校』大手。法人研修、出版、人材紹介事業等も。公務員講座等に強み。出版が日商簿記試験改訂や旅行本発刊等の効果一巡。法人研修は横ばい。が、主力の個人講座が簿記検定と会計士を筆頭にほぼ全般増加。制作外注費と販促費負担が減り、営業益漸増。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る