出島テクニカルワールド(11月29日推奨銘柄 )

1129s

↑(週足)

 

 

 

1129h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/29(水)日経平均株価は△110円の22597円で終了。北朝鮮のミサイル発射が有りましたが、税制改革進展への期待から昨夜の米国株が大きく上昇、円相場も円安に振れ、今日は日経平均も3日ぶりに反発。日々多少の上下動は有りますが、日経平均に関しては22000円台半ばの値固めの展開が続いていると言う状況に変わりは有りません。又、日々物色の強弱は有れども、新興市場銘柄やテーマ株、中小型株などを個別に物色する動きは引続き健在、引き続き銘柄重視で対応して行けば特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値551円】

(東1)ディア・ライフ(3245)  不動産  100株
同社は首都圏で投資用マンションの開発、販売、人材派遣やトランクルーム入金管理などを手掛け、Strobo社と業務提携をしてIoT活用の防犯システムサービスを共同開発しています。更に、複数の民泊事業会社と協業で、渡航券から宿泊までを一本化するサービスを手掛けるなど民泊関連としての注目も高まっています。2017年9月期は大幅増収増益となり過去最高益を更新、2018年9月期見通しも2ケタ増益の見通しと業績は絶好調、テクニカル的にも年初来高値を更新して上昇トレンドは継続中、但し直近上昇基調が続き目先の高値圏に有りますのでこの先適度な調整安を待って押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的には9月高値水準の520円付近が下値支持帯になりますので520円台で買えれば理想的ですが、株価は都合よく動いてはくれませんので、530円台で1回目の買いを狙い、その後安値が有れば520円台、510円台と買い下がりたいと思います。同社株は100株単位で買えますので、数回に分けて買い下がり、上昇を待つと言う対応で臨みたいと思います。当面は直近高値水準の580円付近が上値目処になりますので利食い目処は580円接近時、但し480円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 好業績、民泊関連
【第1買いポイント】  530円台
【第2買いポイント】  520円台
【売り値目標】  580円接近
【損切り設定】 480円を切れば損切り

 

首都圏で投資用マンションを開発、販売。人材派遣やトランクルーム入金管理、滞納保証業も。業界向け人材派遣は増勢。柱のマンション販売が都心(市ヶ谷など)で案件多く営業増益。18年9月期はマンション販売は都内の新規物件が続々竣工。人材派遣やトランクルームも高水準で営業益続伸。Strobo社と業務提携しIoT活用の防犯システムサービスを共同開発。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る