出島テクニカルワールド(11月24日推奨銘柄 )

1124s

↑(週足)

 

 

 

1124h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
11/24(金)日経平均株価は△27円の22550円で終了。111円近くまで進んだ円高を嫌気して寄り付き直後には22381円まで下落した日経平均でしたが、円高一服後は円安に振れた事で日経平均も下げ幅を縮め、後場にはプラス圏に浮上、終わってみれば小幅高で底堅い展開でした。新興市場銘柄やテーマ株、中小型株などを個別に物色する動きは今日も旺盛、日経平均に関してはもう暫くは値固めの局面が続くと思いますが、それは個別物色が強まりやすくなる要因ですので、引き続き銘柄重視で対応して行けば特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値441円】

(JQ)ウィザス(9696)  サービス  100株
同社は近畿地盤の集団指導塾「第一ゼミナール」が主体で、個別指導塾や通信制高校も併営しています。先端教育で独自のプログラムとノウハウを確立しており、業容の広さは安部政権が掲げている教育無償化の恩恵が期待出来ると思います。2018年3月期業績見通しも2ケタ増収で大幅増益の見通し、同社1株純資産410円を考えても株価に割高感は無く、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中です。株価は年初来高値を更新して10/31には一時467円まで上昇、その後は一旦調整局面を迎えていますが底堅い展開が続いており調整完了後にはもう一段の上昇が期待出来ると思います。テクニカル的には420円前後が下値支持帯になりますが、同社株は100株単位で買えますので、時価近辺から420円付近までを想定した上で、数回に分けて分散して買い下がると言う買い方ならさほどリスクは無いと思います。当面は500円付近が上値目処になりますので利食い目処は500円接近時、但し390円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。円高気味の円相場、主力大型株から小型材料株、テーマ株、新興市場銘柄に物色の中心は移っており、好業績で教育無償化関連の同社株にも物色が強まる展開が期待出来ると思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、教育無償化関連
【第1買いポイント】  440円前後
【第2買いポイント】  430円・420円前後
【売り値目標】  500円接近
【損切り設定】 390円を切れば損切り

 

近畿地盤の集団指導塾『第一ゼミナール』が主柱。個別指導塾や通信制高校『第一学院』も併営。新店は学習塾を中心に17(前期11)。買収した通訳・翻訳会社がフル寄与し拡大。収益柱の学習塾は個別指導を軸に単価増が奏功。通信制高校の生徒数も伸びる。学習塾ではプログラミング学習に特化した新業態を開始。個別指導の医系専門予備校も強化。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
10/23
マザーズ
3742
ITbook
11/24終値542円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で上昇を待ちたいと思います。利食い目処、損切り設定は推奨時価格に変更は有りません。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る