リアルタイムサービス(11月20日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は125円安の22271円で前場を終了。先週末の米国市場は、前日に大きく上昇していた反動や、税制改革実現への不透明感が意識されNYダウは反落。ハイテク・IT株主力のナスダック指数もアップルなど主力銘柄が利食いに押されて反落、しかし全体的に見れば依然強含みで底堅い展開が続いている米国市場との見方に変わりは有りません。米国市場が引けた後、ドイツの連立協議が決裂したとの報道を受けて為替市場ではユーロが売られて一時111円台後半まで円高が進行。今後ドイツは新たな連立協議を行う、又は不安定な政権運営を強いられる少数与党政権を樹立するか?又は再選挙か?と言う選択を迫られます。ドイツの政治不安が短期的には株式市場にも悪影響を与えそうな情勢です。ドイツの情勢によって円相場が動きますので、円高が進めば日経平均にはマイナスに作用しますが、これまでにも繰り返し述べて来たように、日経平均が上がり難い環境は個別物色には追い風になります。日経平均中心の上昇がこれまで続いて来ましたが、日経平均が上がり難くなれば、中小型株やテーマ株に物色が変って行きます。今日はその様な動きも強まっていますので、現在保有している銘柄の多くもこれからが期待が出来る相場環境になると思います。日経平均に関しては22000円付近の値固めを進めると言う展開になると思います、円高がどこまで進むかによって一時的には21500円付近までの下振れは有るかもしれませんが、それでも大局的に見れば上昇トレンドの中での調整局面の範囲内です。又、日経平均が一時的に下振れしても中小型株やテーマ株には余り悪影響は無いと思います。逆に大型主力株から資金が乗り換えると言う動きが強まり、一段と個別物色の動きが強まるのではないかと思います。短期的には日経平均はやや弱含みの展開になるかもしれませんが、現在保有している銘柄に関しては逆に期待出来る、その様に考えて良いと思います。又、日経平均が一時的に下振れしても、日銀によるETF買い、GPIFなどの年金系資金の買い、企業の自社株買いなど、需給的には安値を買いたい資金は大量に待機しておりさほど心配する必要も有りません。なんと言っても最大の安心材料は企業の好業績です、仮に日経平均が21500円付近までこの先下げるような展開が有ったとしても、その時は安値買いのチャンスになると考えれば良いと思います。後場の対応は保有銘柄の値動きを見守るだけで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る