出世株発掘ドリーム・レポート(2017年10月5日推奨 )

船イラスト

日経平均株価10/5終値20628円

 

日経平均1005

 

 

 

【株式市場の現状分析と当面の投資スタンス】

 

安倍首相が衆議院の解散を決め、その後小池都知事が希望の党を立ち上げ、民進党が希望の党への合流組みと立憲民主党に分裂(一部議員は無所属で出馬)、当初期待が高まった希望の党の勢いも時間の経過と共に失速、小池都知事が出馬するのか?しないのか?を巡って、マスコミなどでは批判的な声も増えています。 総選挙を控えて株式市場が最も懸念するのは政権交代です、政権交代の可能性が高まれば日経平均は急落、しかし政権交代の可能性がないとなれば強含みの展開が続きます。現在の状況は政権交代の可能性はなし、総選挙も与党の勝利確実、その様な見通しで株式市場も選挙結果を織り込む動きになっています。 この先まだ何が起きるか解りませんが、現状では与党に有利なように進んでいると言う状況です。

 

強含みの展開が続いている株式市場、しかし明日は週末で、今週末は3連休、そして連休明けの10日は北朝鮮労働党の創建記念日でミサイル発射なども警戒されます。特に今回は10日から総選挙も始まりますので日本に対する威嚇として北朝鮮がミサイルを発射する可能性も有ります。しかし仮にミサイルを発射すればそれはある意味では与党への支援材料にもなりますので、株式市場への悪影響も余り無いと思います。このような状況ですので株式市場も強含みでは有りますが一旦様子見ムードが強まり易い局面です。

 

日経平均の現状としては、テクニカル的な過熱感は有りますが、総選挙で与党が勝利すればアベノミクス加速期待もあり、何か大きな悪材料でも出て来ない限り売りも出難い状況です。北朝鮮情勢への懸念も一時的な買い見送り要因にはなりますが、単にミサイルを発射するだけでは悲観売りも強まり難いと思います。 仮に連休明けの10日に北朝鮮に何も挑発的な動きが無ければ、今一旦買い見送り状態になっているだけに一気に上げ幅を広げると言う展開も有り得ると思います。 明日は週末ですので日経平均に関しては今日以上に膠着感が強まり易いと思います、しかし個別物色意欲は依然旺盛な状況です。 個別物色の動きは引き続き期待出来る状況ですので保有している銘柄に関してはそのまま保有継続で吹き上げを待つと言う対応で問題は有りません。

 

アベノミクス相場の高値は2015年の20952円です、中国ショックや北朝鮮情勢、ブレグジットにトランプ大統領の誕生など、想定外の事も多々有りましたが、それでも今日の日経平均の終値は20628円。あと300円程度上昇すればアベノミクス相場の高値に近づきます、日本企業の業績も過去最高水準にあり、既に実質的にはデフレも脱却。異次元の金融緩和政策も継続中で、金融政策正常化に向けて既に動き出している米国を考えれば一段の円安が期待出来る状況。 訪日観光客数も過去最高でその観光客の消費も毎年増加しています、今後は2020年東京五輪に向けての経済効果も顕著に出て来ると思います。株式市場に対して悲観論を述べる関係者もいますが、今の株高は経済実態を伴った株高であり、決してバブルなどでは有りません。株式市場ですので一時的な上げ下げの波は当然有りますが、基本スタンスとしては買いで攻めて行くと言うこれまでのスタンスは正解であったと言う事です。それはこの先も当面変わりません、引き続き下値不安が少なく吹き上げの可能性を持つ銘柄を中心に買って行くスタンスなら、最終的には結果は付いて来ると思います。

 

 

 

本日の買い推奨銘柄

JQ 情報通信 4736 日本ラッド 10/5 終値1174

 

買いゾーン①時価 ②900円台有れば 利食い目処2000円前後 損切り800円割れ

 

量子コンピューター関連銘柄に注目が高まっています。自動運転も人工知能も現在のコンピューターでは限界があるとされており、それを解決するのが量子コンピューター。簡潔に言えば現在のスーパーコンピューターが数千年掛かる計算を量子コンピューターなら数時間で完結する事が出来ます。実現するには多くの難題を解決する必要が有りますが、夢を買うのが株式市場、既に関連する銘柄には物色が始まっています。同社は独立系のSIで、流通や車載などハードとソフトの組成技術に強みを持ち、ビッグデータ、IoT事業を手掛け、産業用コンピューター世界首位の台湾アドバンテックと協業。業績見通しも増収増益基調、1株利益50円程度で現在の株価に割高感は有りません。テクニカル的にも上昇トレンド継続中のチャート形状、当面は2000円付近への上昇を目指す展開が期待出来ます。量子コンピューター関連相場はまだまだ始まったばかりです、時価近辺から買い始めて安値を仕込み先々の吹き上げを待つ、その様な対応で臨みたい銘柄となります。

 

4736 日本ラッド 月足チャート

日本ラッド月足MS

 

 

 

 

 

【現在保有中の銘柄に関するアフターフォロー・コメント】

今回は特に無し

※    何もコメントが無ければ保有している銘柄は現状維持(保有継続)の方針とお考え下さい。 

 

 

 

 

※次回の提供日は10/13(金)です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る