出島テクニカルワールド(8月30日推奨銘柄 )

0830s

↑(週足)

 

 

0830h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/30(水)日経平均株価は△143円の19506円で終了。昨夜の米国株が上昇し、円相場も110円台を回復、昨日は北朝鮮のミサイル発射で下落した日経平均も今日は買い戻し優勢の展開で株価は反発。テクニカル的には25日移動平均線が19700円付近に位置し、200日移動平均線が19300円付近に位置しています、当面日経平均は19700円~19300円のゾーンでの値動きが想定されますが、銘柄重視の個別物色の動きは依然旺盛、引き続き好業績割安銘柄、テーマ株など、銘柄重視のスタンスなら特に問題は無いと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値437円】

(東1)シンフォニアテクノロジー(6507)  電気機器  1000株
8/18にも買い推奨をして買えなかった銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。同社は半導体搬送や航空、制御機器などを手がけ、モーション機器、パワーエレクトロニクス機器、サポート&エンジニアリングが主業務。モーション機器はFA関連が復調、半導体設備投資好調でクリーン搬送機器は利益牽引、半導体、航空宇宙、再生可能エネルギー、電気自動車、ロボットなど幅広い材料性も持つ銘柄です。足元業績も好調で、8/4に発表した四半期決算は前年同期比で増収増益、2018年3月期見通しも大幅増収増益見通しで1株利益見通しは33円、過去最高益に迫る状況です。テクニカル的にも上昇トレンドは継続中、7/24には503円まで上昇しましたがその後は北朝鮮情勢も有り株価も調整安の展開になっていますが、日柄、値幅共に目先の調整も一巡感が有り、買いで臨みたい銘柄となります。まずは420円台が下値支持帯になりますので多少の下振れは許容範囲と考えるなら420円台で買いを実行、仮にもう一段の下げが有れば次は400円台が下値支持帯ですので買えれば儲けもの的対応で安値待ち伏せなら400円台が有れば買いとなります。当面は480円付近が上値目処になりますので利食い目処は480円接近時、但し8/14安値388円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、材料性豊富な銘柄
【第1買いポイント】  420円台
【第2買いポイント】  400円台
【売り値目標】  480円接近
【損切り設定】 388円を切れば損切り

 

半導体搬送や航空、制御機器を展開。太陽パネル等設備工事も。神鋼系から自立。利益期末偏重。期初受注残26%増と豊富。大型案件の対潜哨戒機向け納入開始、FA関連も伸びモーション機器復調。半導体関連クリーン搬送機器やインフラ関連パワーエレクトロニクス続伸。生産・試験工程自動化等による効率化もあり最高純益に迫る。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/10
2部
5289
ゼニス羽田HD
8/30終値348円、本日高値356円、推奨時利食い目処とした360円接近を達成して利食い完了

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る