出島テクニカルワールド(8月16日推奨銘柄 )

0816s

↑(週足)

 

 

 

0816h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/16(水)日経平均株価は▼24円の19729円で終了。昨日大きく上昇していますので今日は目先の利食いに押されて小幅反落。日経平均は上値の重い展開でしたが、個別物色の動きは旺盛、好業績銘柄、テーマ株、小型材料株などは上昇する銘柄が目立つ展開。引き続き北朝鮮情勢を警戒しながらも個別物色中心の展開が続きそうです、日経平均は2万円~19500円のボックス相場、物色は銘柄重視の個別物色、投資スタンスも銘柄重視の対応ならさほど神経質になる必要は無いと思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値235円】

(MZ)エヌ・ピー・シー(6255)  機械  100株
同社は太陽電池の後工程向け装置の大手で、太陽光パネルの検査機器や検査サービスも手掛けています。今年の4月から再生可能エネルギー固定価格買い取り制度が改正され、太陽光発電システムの点検・保守が義務付けられた事から検査ニーズが拡大、検査機器・サービスを手掛けている同社に追い風となり、7月には今期業績の上方修正を発表しています。同社株価も7/25には282円まで上昇、その後は一旦調整入りの展開が続いていますが、テクニカル的には調整局面も終盤、押し目買い狙いで対応したい局面となります。テクニカル的には210円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば時価近辺の230円台でまずは買い出動、仮に210円台への下げが有れば買い増しを実行すると言う対応が良いと思います。又は230円台、220円台、210円台と、安値が有れば順次買い下がると言う買い方も一考です。当面は直近高値水準の280円付近が上値目処になりますので利食い目処は280円接近時、但し190円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。足元業績は好調、同社1株純資産は238円で現在の株価に割高感は無く、太陽光発電システムの点検・保守ニーズの拡大は同社の収益を押し上げます。調整完了後の再上昇を想定して押し目買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、政策関連
【第1買いポイント】  230円台
【第2買いポイント】  210円台
【売り値目標】  280円接近
【損切り設定】 190円を切れば損切り

 

祖業は食品用真空包装機。太陽電池の後工程向け装置で大手。太陽電池モジュール受託加工も。上期計上の米国輸出案件が好首尾。下期装置が採算低下でも、検査サービス健闘。18年8月期は欧米向け装置が貢献へ。4月にパネル再利用のアルミ除去装置で特許取得、EVA分離技術も申請中。FA装置は組み立てから設計も視野。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
08/15
ジャスダック
5277
スパンクリートC
8/16終値414円、待ち伏せ価格で買えず利食い目処まで上昇、買い推奨は一旦取り消します。今日の寄り付きで買った方は利食い完了。先々調整安が有れば再度買いを考えたいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る