出島テクニカルワールド(8月8日推奨銘柄 )

0808s

↑(週足)

 

 

 

0808h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
8/8(火)日経平均株価は▼59円の19996円で終了。米国株は昨夜も上昇して堅調な展開が続いていますが、日本市場は膠着した展開が続き2万円を挟んだ上下動が続いています。昨日は上昇した日経平均も今日は円高を嫌気して反落、個別物色にもさほど盛り上がりは無く決算を発表した銘柄を物色する動きが中心。売買代金も減少し、実体としては既に夏休みと言う感じの日本市場です。しかし夏休みが終われば再度個別物色が活発化するのは確実、当面は少し先を見据えて有望銘柄の安値を仕込む局面と言う感じだと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値226円】

(東2)セブン工業(7896)  その他製品  1000株
内装建材、木構造建材が主力の同社ですが、建替え需要や戸建大手向け構造材が好調に推移し足元の業績は好調。7/31引け後に発表した今期の第1四半期決算は、前期の赤字から黒字に転換し、2018年3月期の見通しも増収、2ケタの増益見通し。同社1株純資産も392円有り、現在の株価には割安感も有ります、株価は7/27に269円まで上昇しましたがその後は決算発表通過で一旦材料出尽くしで下げていますが、テクニカル的には上昇トレンドは継続中、適度に調整が進んだ後は再度上昇に転じる可能性が大、押し目買い狙いで対応したいと思います。テクニカル的には200円前後が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば210円台で買いを狙うと言うスタンスが良いと思います、買えれば儲けもの的待ち伏せ対応なら200円台が有れば買いとなります。当面は直近高値水準の270円付近が上値目処になりますので利食い目処は270円接近時、但し180円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社は9/27付けで10株を1株に併合し、売買単位も100株単位になりますが、9/27までには手仕舞いをしてポジションを解消しますので特に対処する事は有りません。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績割安銘柄
【第1買いポイント】  210円台
【第2買いポイント】  200円台
【売り値目標】  270円接近
【損切り設定】 180円を切れば損切り

 

集成材技術に強み。ゴムノキを用いた戸建て用階段で高シェア。非住宅軸に木構造材も育成。貸家への建て替え需要でプレカット等構造材が想定超。材料安効き増益幅上振れ。増配。18年3月期は持ち家着工上向き追い風。戸建て分譲大手向け構造材の好調持続。材料ジリ高こなし営業益続伸。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る