出島テクニカルワールド(7月12日推奨銘柄 )

0712s

↑(週足)

 

 

 

0712h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
7/12(水)日経平均株価は▼97円の20098円で終了。米国では「ロシアゲート」疑惑が再燃、今夜にイエレンFRB議長の議会証言も控え、為替市場では円高が進み、日経平均も反落。今週末にはSQも控えており、若干動き難さが有る状況。しかし大局的に見れば日経平均は2万円を挟んでのボックス相場と言う状況に大きな変化は無く、日本市場の物色の中心は銘柄重視の個別物色と言う状況も変わりは有りません。日経平均や円相場の多少の変動も気にせず、引き続き銘柄重視の個別対応と言う投資スタンスであれば特に問題は無い投資環境です。

 

 

【銘柄情報】【本日終値142円】

(東1)OKK(6205)  機械  1000株
同社は中小型のマシニングセンタが主力で、自動車関連向けシステムに強みを持ち、水道メーターも手掛けています。主力の工作機械が国内外で需要が拡大しており、今期業績見通しも増収増益、1株利益は10円で同社1株純資産は270円。業績回復を背景に同社株価も水準訂正の動きが続いており、テクニカル的にも上昇トレンドが継続中。日経平均の膠着感が強まっている反面、出遅れ感の有る、低位株を物色する動きは旺盛な日本市場、割安感の強い同社株ももう一段の上昇が期待出来ますので押し目買い狙いで対応したいと思います。テクニカル的には130円前後が下値支持帯になりますが、多少の下振れは許容範囲と考えて140円前後で買いを実行したいと思います。買えれば儲けもの的発想で待ち伏せするなら130円前後が有れば買いとなります。又、資金的余裕が有れば140円前後と130円前後を2回に分けて買い下がると言う対応も良いと思います。当面は180円付近が上値目処になりますので利食い目処は180円接近時、但し110円を切るような事が有ればリスク管理上損切りして一時撤退となります。今期業績急回復、2円配当でPREは14倍程度、1株純資産270円を考えれば現在の株価は割安、低位株物色の流れも続いている日本市場ですので、買いで臨みたい銘柄となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 低PBRの設備投資関連
【第1買いポイント】  140円前後
【第2買いポイント】  130円前後
【売り値目標】  180円接近
【損切り設定】 110円を切れば損切り

 

中小型マシニングセンタが主力。自動車関連向けシステムに強み。水道メーターも手掛ける。柱の工作機械は国内が補助金等の政策効果が継続。前期苦戦した海外は、停滞していた中国が自動車・トラック関連の需要底入れで回復。生産力向上策浸透し、償却費吸収して営業益浮上。9月開催の欧州見本市での新型工作機械の発表に向け、新製品開発が活発に。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
06/16
1部
6218
エンシュウ
7/12終値168円、本日ストップ高で推奨時利食い目処とした価格を突破、明日は利食い実行。
06/12
2部
6835
アライドテレシスHD
7/12終値72円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で80円付近での利食い狙いを継続したいと思います。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る