出島テクニカルワールド(7月10日推奨銘柄 )

0710s

↑(週足)

 

 

 

 

0710h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
7/10(月)日経平均株価は△151円の20080円で終了。注目された米6月雇用統計は市場予想を上回る結果になり先週末の米国株は上昇、円相場も114円台まで円安が進み、本日の日本市場も買い先行の展開で反発、2万円台を回復して終了。G20首脳会議も、北朝鮮を刺激するような動きは無く、ある意味では無難に通過、しかし日経平均に関しては依然上値の重さを感じる展開、当面は引き続き個別物色中心の展開が想定され、投資スタンスも銘柄重視の発想で対応するなら特に問題は無い投資環境です。

 

【銘柄情報】【本日終値202円】

(東2)技研興業(9764)  建設  1000株
道路法面保護や特殊土木工事と消波ブロックの型枠レンタルが主力の同社ですが、放射線防護、電磁波シールド工事を医療機関向けに手掛け、トンネル補修工事、防衛関連事業なども手掛けています。今期業績見通しも増益、1株利益は24円で同社1株純資産は428円、現在の株価には割安感も有ります。テクニカル的にも、2014年に370円の高値を付けた後は下降トレンドが続きましたが、昨年の6月に116円まで下落して底打ち確認、その後上昇に転じてテクニカル的にも既に上昇トレンドに転じており、出遅れ感の有る割安2部銘柄として押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には190円台が目先の下値支持帯になりますので190円台で買いを狙いたいと思います。当面は250円付近が上値目処になりますので利食い目処は250円接近時、但し170円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。九州地方では記録的な豪雨で被害が拡大しており、今後日本中で大雨による災害が発生する可能性も有ります、同社は道路法面保護や特殊土木工事を手掛けていますので、災害防止関連として見直し買いの動きが強まる可能性も有ると思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 低PER、PBR
【第1買いポイント】  190円台
【第2買いポイント】  180円台
【売り値目標】  250円接近
【損切り設定】 170円を切れば損切り

 

道路法面保護など特殊土木工事と消波ブロックの型枠レンタルが主力。ハウジング事業に進出。放射線防護、電磁波シールド工事は医療機関向けに好調。法面保護工事は原価管理徹底し、採算重視の営業で、利益確保。コンクリート硬化速度が速い工法を採用。トンネル補修工事の工法を多様化し、受注拡大につなげる。防衛関連など電磁波シールドの用途拡張にも注力。

 

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
06/07
ジャスダック
6629
テクノホライゾンHD
7/10終値252円、買いコスト250円台、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で対応し、先々280円前後まで上昇すれば一旦利食いを実行したいと思います。但し230円を切ればリスク管理上損切りとなります。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る