出島テクニカルワールド(7月7日推奨銘柄 )

0707s

↑(週足)

 

 

 

0707h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
7/7(金)日経平均株価は▼64円の19929円で終了。昨夜の米国株が下落し、今夜の米雇用統計の発表と今夜から始まるG20首脳会議を控えて、今日はポジション解消売りが優勢。しかし円相場は113円台後半まで円安が進むなど安心材料もあり、週末のイベントを通過すれば、来週は買戻しが強まりそうな感じ。しかし当面個別物色中心の相場状況は変わりませんので、引き続き銘柄重視の発想で対応するなら特に問題は無い投資環境です。

 

 

【銘柄情報】【本日終値228円】

(東1)サクサHD(6675)  電気機器  1000株
同社は、情報通信やセキュリティー機器、画像領域を融合させたシステムなどを企業向け、学校向けに展開しています。7/5に法務省が、成田や羽田、中部、関西の4空港における日本人の出入国審査について、2018年度から顔認証技術を活用したゲートの本格運用を目指す方針を明らかにした事から、セキュリティー機器を手掛ける同社に物色人気が強まり同社株も一時288円まで急伸。その後、上げ幅を縮めていますが、同技術は防犯目的やイベント会場などのセキュリティー強化などで先々需要は拡大して行く事は確実、加えて同社1株純資産は386円、現在の株価には割安感も有り、目先の利食いが一巡した後は再度上昇に転じる展開が期待出来ますので押し目買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には210円台が下値支持帯になりますが、多少の下振れは許容範囲と考えて220円台で買いを実行したいと思います。買えれば儲けもので待ち伏せなら210円台が有れば買いとなります。当面は280円付近が上値目処になりますの利食い目処は280円接近時、但し190円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 顔認証技術、低PBR
【第1買いポイント】  220円台
【第2買いポイント】  210円台
【売り値目標】  280円接近
【損切り設定】 190円を切れば損切り

 

情報通信やセキュリティ機器、画像領域を融合させたシステムなどを企業や学校などで展開。ビジネスホンは新製品投入も競争激化で軟調。カードリーダーも市場縮小でジリ貧。成長事業への先行投資も重し。ビジネスホンの既存客向けにUTMなどセキュリティ関連機器が伸びても補えない。画像圧縮技術を生かした映像事業を強化。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る