週トレ短期売買(6月29日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

6/29(木)日経平均株価は△89円の20220円で終了。昨夜の米国市場は、NYダウ、ナスダック指数共に反発し大きく上昇。前日のドラギ総裁発言に対して、ECB関係者が早期の金融緩和縮小を否定する発言が伝わり、安心感から米国市場でも買戻しが強まると言う展開に。金融株がNYダウの上昇を牽引し、IT関連にも買戻しが強まりナスダック市場の上昇を牽引。ECBのドラギ総裁発言もグーグルへの制裁金報道も、株式市場への悪影響は一過性となり、本日の日本市場も買い先行の展開で日経平均は反発。昨日の日本市場のムードとしては、米国株の下げに対して一過性で終るのか?数日下げが続くのか?やや不透明感も有りましたが、昨夜の米株反発を受けて今日は日本市場でも安心感が強まると言う展開です。今日は買い先行で始まり日経平均は寄り付き直後に20266円まで上昇、しかし買い一巡後は戻り売りに押されて若干上げ幅を縮小。これまで同様に、下値は底堅いものの上値も重いと言う状況は変わらず、今日も個別物色が中心の展開でした。しかし上値が重いからと言って弱気になる事は有りません、テクニカル的には上昇トレンドは維持しながら2万円台の値固めを進めていると言う状況ですので大局的に見れば強含みの状況です。円相場も112円台まで円安が進み、米欧の金融政策はこれまでに進めた金融緩和を縮小する方向。一方日本は引き続きゼロ金利が続く見通しであり、過度に円安が進む事は期待出来ないものの、円高に振れると言う状況も可能性は少なく、日本株にとってはほど良い環境が続くと思います。日経平均に関しては当面大きな変動は余り期待出来ませんが、銘柄重視の個別対応なら引き続きリスクの少ない投資環境が続きますので、これまで同様のスタンスで、銘柄重視で対応して行けば最終的には結果は付いて来ると思います。

 

 

【当面の相場展望】

25日移動平均線が20000円付近に位置し当面は20000円付近が下値支持帯になります、上値抵抗帯としては直近高値の20300円付近になりますので、当面の価格変動レンジは20300円~20000円、しかし物色の中心は当面個別物色、全体動向よりも個を重視して対応して行く投資環境が続きます。

 

 

【明日の見通し】

明日の日経平均も、米国株動向と円相場次第になりますが、もう暫くは膠着した展開が続きそうです、しかし今の日本市場は個別物色の投資環境、日経平均の値動きは余り気にせず、銘柄重視で対応して行けば良いと思います。

 

 

【投資アドバイス】

日経平均に関しては当面「下値は底堅いものの上値も重い」と言う展開が想定されますが、銘柄重視の投資をする限りは特に問題は有りません。但し銘柄重視の投資でも過熱感が有るような銘柄への買いは見送りが賢明、まだ過熱感がなく出遅れている銘柄を中心に、好業績、好材料を持つような銘柄を中心に買って行けば特に問題は無いと思います。現在保有している銘柄も、推奨時に利食い目処とした株価に近づけば一旦利食いを実行して手堅く利益を確定する。そして再度安値が有るようなら買い直すと言う感じで、同じ銘柄でも売り買いを繰り返しながら長く付き合える物は付き合って行くと言う感じの対応が最善です。時には上昇が続くような場合も有りますが、それはまれな事であり、多くの場合は上げ下げを繰り返して株価も上昇して行きます。上げ下げの波を見極めながら利食いと再度の買い出動を繰り返すと言う投資スタンスがより手堅い結果に繋がります。現在保有中の銘柄も、吹き上げれば一旦利食いを実行し、その後再度安値が有れば買い直しを考える、その様な対応が良いと思います。今日は保有銘柄の大黒屋HDが出来高を増やしながら直近の高値を更新して終りました、勢いが付いていますので明日の前場には推奨時に利食い目処とした110円に接近する場面が有るかもしれません。無ければ保有継続のままで良いですが、110円に接近するような動きが有った時には手堅く利食い実行としたいと思います。

明日以降もチャンスが有れば順次買い出動を考えて行きたいと思いますが、可能な限り安値買いを狙うと言うのが基本スタンスです。株価が上昇している日よりも下げている日に買うと言うのが基本です、個別物色意欲が旺盛な状況では有りますが、目先の高値掴みには注意も必要です。狙っている銘柄も慌てて買う必要はなく、仮に安値が無く買えなかったとしても、別の銘柄は幾つでも有ります。1つの銘柄にこだわる必要も有りません、買う時は厳し目に、利食いする時は細かく株価にこだわらず、1度の投資で大きな利益を狙うのではなく、繰り返し利益を積み上げて大きくする、その様な発想が安定的に資金を増やして行く事にも繋がります。このような考え方を基本に明日以降も対応して行きたいと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る