リアルタイムサービス(6月29日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は89円高の20220円で終了。昨夜の米国株の上昇を受けて日本市場にも安心感が広がり今日は買い先行の展開で日経平均も反発。
しかし寄り付きの買戻しが一巡した後は膠着感が強まると言う展開で、今日も物色の中心は個別物色。
日経平均に関しては当面「下値は底堅いものの上値も重い」と言う展開が想定されますが、銘柄重視の投資をする限りは特に問題は有りません。
但し銘柄重視の投資でも過熱感が有るような銘柄への買いは見送りが賢明、まだ過熱感がなく出遅れている銘柄を中心に、好業績、好材料を持つような銘柄を中心に買って行けば特に問題は無いと思います。
現在保有している銘柄も、推奨時に利食い目処とした株価に近づけば一旦利食いを実行して手堅く利益を確定する。
そして再度安値が有るようなら買い直すと言う感じで、同じ銘柄でも売り買いを繰り返しながら長く付き合える物は付き合って行くと言う感じの対応が最善です。
時には上昇が続くような場合も有りますが、それはまれな事であり、多くの場合は上げ下げを繰り返して株価も上昇して行きます。
上げ下げの波を見極めながら利食いと再度の買い出動を繰り返すと言う投資スタンスがより手堅い結果に繋がります。
現在保有中の銘柄も、吹き上げれば一旦利食いを実行し、その後再度安値が有れば買い直しを考える、その様な対応が良いと思います。
今日は保有銘柄の大黒屋HDが出来高を増やしながら直近の高値を更新して終りました、勢いが付いていますので明日の前場には推奨時に利食い目処とした110円に接近する場面が有るかもしれません。
なければ保有継続のままで良いですが、110円に接近するような動きが有った時には手堅く利食い実行としたいと思います。
明日以降もチャンスが有れば順次買い出動を考えて行きたいと思いますが、可能な限り安値買いを狙うと言うのが基本スタンスです。
株価が上昇している日よりも下げている日に買うと言うのが基本です、個別物色意欲が旺盛な状況では有りますが、目先の高値掴みには注意も必要です。
狙っている銘柄も慌てて買う必要はなく、仮に安値が無く買えなかったとしても、別の銘柄は幾つでも有ります。
1つの銘柄にこだわる必要も有りません、買う時は厳し目に、利食いする時は細かく株価にこだわらず、1度の投資で大きな利益を狙うのではなく、繰り返し利益を積み上げて大きくする、その様な発想が安定的に資金を増やして行く事にも繋がります。
このような考え方を基本に明日以降も対応して行きたいと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る