出島テクニカルワールド(6月23日推奨銘柄 )

0623s

↑(週足)

 

 

 

0623h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/23(金)日経平均株価は△22円の20132円で終了。手掛かり材料不足で膠着した展開でしたが主力銘柄が底堅く推移して日経平均は3日ぶりに反発。しかし直近買われていた小型材料株やテーマ株が今日は利食いに押されて総崩れ、週末を控えて一旦利食いを出す動きが強まったと言う感じです。しかし警戒する必要はなく、週末要因で一過性の動きだと思います、来週は再度買い直されると言う展開になると思います。来週も引き続き、銘柄重視の投資で対応すれば特に問題は有りません。

 

 

【銘柄情報】【本日終値526円】

(東1)アコム(8572)  その他金融  100株
同社は三菱UFJFGの子会社で消費者ローン専業大手の一角、過払い金利息返還請求も峠を越え、今期は純利益が急拡大する見通し。2006年から始まった過払い金利息返還請求も期限の10年を過ぎ、今期の業績見通しも大幅増益見通しで復配が濃厚。本日大和証券が同社株を新規で最高評価の1にレーティングを引き上げた事から同社株も本日一段高となり、5/8高値の515円を更新、テクニカル的にも短期上昇トレンドは継続中で、調整安場面が有れば押し目買い有利、全般手掛かり材料不足の相場状況ですので、業績改善期待の強い、出遅れ内需株として、押し目買いで臨みたい銘柄となります。目先の下値支持帯としては510円~490円のゾーンになりますので、まずは510円台で押し目買いを狙い、仮にもう一段の調整安が有れば490円台で買い増しを狙う、同社は100株単位で買えますので、2回に分けて買い下がると言う買い方ならリスクも少ないと思います。当面は560円付近が上値目処になりますので利食い目処は560円接近時、但し470円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 収益急拡大
【第1買いポイント】  510円台
【第2買いポイント】  490円台
【売り値目標】  560円接近
【損切り設定】 470円を切れば損切り

 

 

MUFG子会社。消費者ローン専業最大手の一角。タイ柱の東南アジア事業、信用保証を強化。ローン残高は前期並み2・3%増。信用保証残高も10%増ペース。利息返還損失引当金の繰り入れない(前期1437億円)。最終大幅黒字へ浮上。利息返還請求の減少程度次第で復配の可能性も。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る