週トレ短期売買(6月22日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

 

【今日の相場を振り返って】

6/22(木)日経平均株価は▼28円の20110円で終了。昨夜の米国市場はNYダウは下落して続落、ナスダック指数は上昇して反発と高安まちまちの展開になりました。原油先物相場が2016年8月以来の安値に下落し、石油関連株が売られた事がNYダウの下げの主原因。

ナスダック指数はアップルやアルファベット、アマゾンなど主力のIT株が軒並み上昇して指数を押し上げると言う展開でした。簡潔に言えば、トランプ関連銘柄は弱く、非トランプ関連銘柄は強いと言う展開、有る意味では成長期待の高い銘柄は買われていると言う状況で、冷静に考えればごく自然な展開でも有ります。トランプ政権が当初掲げていた、大規模な減税や大規模なインフラ投資、金融規制の緩和などが遅々として進まず、トランプ政権の政策には関係が薄いITや半導体関連などが米国市場では物色の中心。既に少し前からこのような状況は続いていますが、年内はこのような展開が続いて行くという感じがします。昨夜の米国株が高安まちまちとなり、円相場にも大きな変動は有りません、今日の日本市場も手掛かり材料不足で日経平均は小動き、昨日終値を挟んでの上下動と言う展開です。日本市場の現状としては、大局上昇トレンドは継続中、その中で当面は2万円台の値固めを進める、もう暫くは銘柄重視の個別物色で繋いで行くと言う感じの展開になりそうです。

 

 

【当面の相場展望】

当面想定される日経平均の価格変動レンジは19800円~20300円、この先上下どちらに振れるかは円相場次第ですが、テクニカル的には上昇トレンドは維持しており、押し目買い有利の投資環境が続きます。しかし今の日本市場の本質は銘柄重視の投資、全体動向よりも個を重視して対応して行く投資環境が続きます。

 

 

【明日の見通し】

日経平均に関しては円相場次第と言う基本は変わりません、明日想定される価格変動レンジは2万円~20250円、しかし物色の中心は個別物色です。

 

 

【投資アドバイス】

当面の日経平均の値動きに関しては、ざっくりと言えば2万円台の値固めを進めると言う展開になると思います。しかしながら今の日本市場の本質は個別物色です、これまでにも繰り返し述べて来ていますが、日経平均や円相場の値動きに一喜一憂する事無く銘柄重視で対応して行けば最終的には結果は付いて来ます。当面の投資スタンスもこれまでと変更は有りません、下値不安が少なく、吹き上げの可能性を持つ銘柄を中心に買いポジションを作る、吹き上げまでに多少時間が掛かる事も有りますが、それが今の日本市場では最もリスク少なく利益を追求する投資になります。明日も保有銘柄の吹き上げを待ちつつ、チャンスが有れば新規の買い出動を考えたいと思います。

 

 

【保有銘柄に関するコメント】

今日は保有銘柄の8704トレイダーズHDが一時ストップ高となる196円まで上昇、推奨時に利食い目処とした200円接近を達成しましたので利食い完了と致します。仮にまだ利食いしていない方は明日は利食い実行で良いと思います。その他の保有銘柄は、引き続き保有継続で吹き上げを待つと言うスタンスで良いと思います。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る