出島テクニカルワールド(6月16日推奨銘柄 )

0616s

↑(週足)

 

 

 

 

0616h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/16(金)日経平均株価は△111円の19943円で終了。円相場が111円台を回復し日経平均も反発、後場開始直後には20015円まで上昇しましたがその後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小。新たな手掛かり材料が出て来るまでは上げ下げを繰り返すボックス相場的な値動きが続きそうですが、しかし日経平均の膠着した展開は個別物色が強まる投資環境、引き続き銘柄重視の対応が最善と言う投資環境に変わりは有りません。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値121円】

(東1)エンシュウ(6218)  機械  1000株
同社は工作機械メーカーの老舗で、自動車用工作機械とヤマハ発動機向け部品加工が主力。昨年の11月に、ホーニング機能付の立形マシニングセンター(MC)を日産自動車と共同開発して12月から販売を開始する事を発表し同社株価も昨年の11/21には一時139円まで急伸。しかしその後は物色人気も一旦離散し4月には76円まで下落、その後緩やかな上昇が続き80円台での推移が続いていましたが、トヨタ自動車などと共同でレーザー発振器の冷却構造に関する特許を取得との発表を受けて株価は急伸、昨日は一時167円まで上昇しています。短期急伸に対する警戒から利食いに押されてその後は下げに転じている株価ですが、レーザー発振器の冷却構造に関する特許は水素関連の材料性にも繋がります、目先の売りが一巡すれば再上昇が期待出来ますので、もう一段の下げを待ち伏せして押し目買いを狙いたいと思います。テクニカル的には110円~100円が当面の下値支持帯になりますので、まずは110円付近で買いを狙い、仮にもう一段の下げが有れば100円付近で買い増しを実行したいと思います。当面は140円付近が上値目処になりますので利食い目処は140円接近時、但し90円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好材料を持つ低位材料株
【第1買いポイント】  110円前後
【第2買いポイント】  100円前後
【売り値目標】  140円接近
【損切り設定】 90円を切れば損切り

 

自動車用工作機械とヤマハ発動機向け部品加工が柱。レーザー加工機等も。丸紅と業務提携。輸送機器は国内が汎用機など回復鈍いが、海外はベトナム現法が前期黒字化し向上。一方、工作機械は国内が前期からずれ込みの大型案件寄与。海外は米国向け増勢、前期大幅減の中国向けが回復歩調。営業黒字化。医療、航空機など非自動車向け開拓。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/17
ジャスダック
6888
アクモス
6/16終値283円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で上昇を待ち、利食い目処は300円接近時、損切りは260円割れ。
05/16
1部
5741
UACJ
6/16終値289円、推奨から1ヶ月が経過、引き続き保有継続で上昇を待ち、先々買値を超えれば売却したいと思います。但し280円を切った場合は損切り実行。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る