出島テクニカルワールド(6月12日推奨銘柄 )

0612s

↑(週足)

 

 

 

 

0612h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/12(月)日経平均株価は▼104円の19908円で終了。先週末の米国市場で、ハイテク株が売られてナスダック指数が大きく下げた事から、今日は日本市場でも半導体関連などハイテク株が売られ日経平均は下落。しかし売り一巡後は下げ幅を縮めるなど悪影響も限定的、又内需系のテーマ株や材料株は上昇するものが目立つなど、引き続きテーマ性を持つ好業績銘柄、好材料を持つ銘柄を中心に買いを考えて行けば、結果的にそれがリスク少なく利益を追求する投資に繋がると思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値61円】

(東2)アライドテレシスHD(6835)  電気機器  100株
ネットワーク機器を日、米、欧で開発し、製造業や医療機関、文教、自治体向けに国際展開している同社ですが、2016年12月期に最終黒字となった事とシンジケートローンの更新について取引銀行と合意した事から資金繰り不安が解消し「継続企業の前提に関する注記」の記載が解消。株式市場ではAIスピーカーやIoT、自動運転やフィンテック、ドローンなどのテーマ性に注目が集まっていますが、無線通信が飛び交う環境で欠かせないのが無線LAN環境、同社は既に京都大学と共同で電波干渉を自律的に解消する機能を備えた無線LAN中継器を3月に発売開始、2017年12月期業績見通しも増収増益見通しであり、見直し買いの動きが期待出来ます。又、今日は100円以下の超低位株が物色される動きも目立ちましたので、同社株も短期・中期両にらみで買い出動したい銘柄です。明日は時価近辺の61円付近でまずは1回目の買い出動、仮に安値が有れば57円付近で買い増しを狙いたいと思います。当面は80円付近が上値目処になりますので利食い目処は80円接近時、但しこの先好材料でも出て来ると120円付近への上昇も期待出来ますので、中期投資なら120円付近での利食い狙いも一考となります。但し40円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】底値買い
【ポイント】 業績回復のITインフラ関連
【第1買いポイント】  61円前後
【第2買いポイント】  57円前後
【売り値目標】  80円接近
【損切り設定】 40円を切れば損切り

 

ネットワーク機器を国際展開。日、米、欧で開発。製造業や医療機関、文教、自治体向けが柱。日本は無線LAN新製品が上乗せ。独自OS搭載スイッチ伸長で粗利率改善。海外は米国の大型案件剥落も、在庫不足解消で欧州上向く。東南アジアの公共案件継続。京大と共同開発した電波干渉を自律的に解消する機能備えた無線LAN中継器を3月発売。

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/12
2部
5289
ゼニス羽田HD
6/12終値299円、買いコスト285円、推奨から1ヶ月が経過、明日は利食い実行で一旦ポジションを解消したいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る