出島テクニカルワールド(6月9日推奨銘柄 )

0609s

↑(週足)

 

 

 

 

0609h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/9(金)日経平均株価は△104円の20013円で終了。コミー前FBI長官の議会証言を無難に通過した事から今日の日本市場も円安が進み日経平均も上昇。英国総選挙の結果は与党が過半数を割れると言う結果になったものの、株式市場への影響は限定的。メジャーSQも通過し、今日の終値もSQ値の19997円を上回りました、来週も底堅い展開が規定出来る相場状況となります。引き続きテーマ性を持つ好業績銘柄、好材料を持つ銘柄を中心に買いを考えて行けば、結果的にそれがリスク少なく利益を追求する投資に繋がると思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値375円】

(東1)シンフォニアテクノロジー(6507)  電気機器  1000株
5/19にも買い推奨をして既に利食い済みの同社株ですが、今期好業績見通しを背景に依然株価は強含み、テクニカル面でも上昇トレンドは継続中、この先適度な調整安場面が有れば押し目買いを狙いたい銘柄となります。同社は半導体搬送や航空、制御機器などを手がけ、モーション機器、パワーエレクトロニクス機器、サポート&エンジニアリングが主業務。モーション機器はFA関連が復調、半導体設備投資好調でクリーン搬送機器は利益牽引、2018年3月期見通しも業績続伸、2ケタの増収増益見通しと業績は絶好調。1株利益は33円となり、現株価水準には依然割安感が有ります。テクニカル的には350円台が下値支持帯になりますが、約定確率を考えれば多少の下振れは許容範囲と考えて360円台で押し目買いを狙うと言うスタンスが良いと思います。当面の上値目処は400円付近になりますので利食い目処は400円接近時、但し5/30安値338円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。同社は、好業績のみならず、半導体、航空宇宙、再生可能エネルギー、電気自動車、ロボットなど幅広い材料性も持つ銘柄です。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、材料性豊富
【第1買いポイント】  360円台
【第2買いポイント】  350円台
【売り値目標】  400円接近
【損切り設定】 338円を切れば損切り

 

半導体搬送や航空、制御機器を展開。太陽パネル等設備工事も。神鋼系から自立。利益期末偏重。パワーエレクトロニクス好調。モーション機器も上期不振を下期FA関連復調の波受け挽回。創業100周年配。18年3月期も半導体設備投資好調でクリーン搬送機器が牽引。モーション機器は航空宇宙大型案件の計上通期化が効く。営業益好伸。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/10
1部
6798
SMK
6/9終値380円、買いコスト390円台、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います。利食い目処は430円接近で変更無し、損切り価格も364円で変更は有りません。
05/09
2部
5614
川金HD
6/9終値367円、買いコスト380円台、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で先々買値を超えるのをも有って売却したいと思います。但し356円を切った場合は損切りとなります。

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る