出島テクニカルワールド(6月8日推奨銘柄 )

0608s

↑(週足)

 

 

 

0608h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/8(木)日経平均株価は▼75円の19909円で終了。今日は買い先行で小高く始まった後は前日終値を挟んでの膠着した展開が続いていましたが、14時過ぎに日銀の金融緩和政策の出口論に関する一部報道を受けて円高が進み日経平均も下げ幅を広げると言う展開になりました。しかし本質は明日のメジャーSQがらみの投機筋の売り、特に警戒する必要は無いと思います。今夜は英国総選挙とコミー前FBI長官の議会証言が有りますが、波乱なく通過すれば買い材料になります。引き続きテーマ性を持つ好業績銘柄、好材料を持つ銘柄を中心に買いを考えて行けば、結果的にそれがリスク少なく利益を追求する投資に繋がると思います。

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値372円】

(JQ)Mipox(5381)  ガラス・土石  100株
同社は微細表面加工の液体研磨剤大手で、光ファイバー向け研磨テープ、半導体ウェハーやHDD向けなどを手掛けています。前期業績は増収ながらも減益となり最終利益は赤字となったものの、今期業績見通しは大幅増収増益に転じる見通しで業績急回復、1株利益は29円、同社1株純資産は444円有り、現在の株価には割安感も有ります。テクニカル的には、2015年高値658円からの大局調整局面も終わり、再度上昇トレンドに転じた初動局面と言う状況に有ります。短期的には25日移動平均線との上方乖離が若干拡大しており、過熱感有りと言う状況になりますので、目先もう一段の下げが有れば押し目買いを狙いたい銘柄です。テクニカル的には360円前後がまずは下値支持帯になります、仮にもう一段の安値が有れば340円台が下値目処になりますので、360円前後で1回目の買いを実行し、340円台が有れば買い増し実行、2段構えの押し目買い狙いならさほどリスクは無いと思います。当面は430円付近が上値目処になりますので利食い目処は430円接近時、但し320円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 業績急回復、低PBR
【第1買いポイント】  360円前後
【第2買いポイント】  340円台
【売り値目標】  430円接近
【損切り設定】 320円を切れば損切り

 

微細表面加工の液体研磨剤大手。光ファイバー向け研磨テープも。18年3月期は装置出荷一段落。光ファイバー向け復調、受託塗布拡大で採算改善。買収関連費も消滅。のれん償却こなし利益反発。日本研紙ブランドで一般研磨剤の海外販売を17年度に開始。当社販売ルート活用。受託塗布は大口依存から新規開拓。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/22
1部
6815
ユニデンHD
6/8終値266円、本日高値271円、推奨時利食い目処とした270円に到達し利食い完了
05/11
1部
4220
リケンテクノス
6/8終値580円、推奨時利食い目処とした600円に接近、明日は手堅く利食い実行

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る