出島テクニカルワールド(6月2日推奨銘柄 )

0602s

↑(週足)

 

 

 

0602h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
6/2(金)日経平均株価は△317円の20177円で終了。昨夜の米国市場が、良好な経済指標の発表を受けて大きく上昇、NYダウ、ナスダック指数共に過去最高値を更新、日本市場も円安が進み日経平均も一段高、近くて遠いと言う感じだった2万円を一気に突破し、20100円台まで上昇。当面の次の上値目処は20500円、しかし日経平均の値動きよりも、個々の銘柄重視で対応して行けば日経平均の上げ下げに一喜一憂する事も有りません、引き続きテーマ性を持つ好業績銘柄、好材料を持つ銘柄を中心に買いを考えて行けば結果はおのずと付いて来ると思います。

 

 

 

 

【銘柄情報】【本日終値222円】

(東2)岡本工作機械製作所(6125)  機械  1000株
同社は、世界唯一の総合砥粒加工機を手掛けている工作機械メーカーで、平面研削盤で国内首位、液晶・半導体製造装置も手掛けています。先日発表された法人企業統計で設備投資は高い伸びを見せ、工作機械受注も足元良好で対前年同期比では5ヶ月連続のプラス、半導体需要の拡大を受けて半導体関連装置の需要も急拡大しています。同社業績も急回復を見せ、前期業績は上方修正され、今期業績見通しも2ケタの大幅増収増益見通しです。テクニカル的にも上昇トレンドが継続中、テクニカル的には210円前後が目先の下値支持帯になりますので、この先210円前後への調整安を待って押し目買いを狙いたいと思います。当面は250円付近が上値目処になりますので利食い目処は250円接近時、但し170円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今期1株利益見通しは25円、(同社は今年10/1付けで10株を1株に併合しますので、18年3月期見通しでは1株利益は248円)、利食い目標の250円はPER10倍程度の水準、業績拡大見通しの半導体関連銘柄としてはPER10倍でも依然割安な株価水準。中期保有で300円付近での利食い狙いと言う対応でも良いと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、半導体関連
【第1買いポイント】  210円前後
【第2買いポイント】  200円前後
【売り値目標】  250円接近
【損切り設定】 170円を切れば損切り

 

平面研削盤で国内首位。液晶、半導体製造装置も手掛ける。半導体関連装置は国内が大口寄与し戻り歩調。ただ柱の工作機械は国内が回復遅れ、中国が戻り兆しも米国の停滞痛手。18年3月期は半導体関連で国内が回復たどり中国向け復調続く。一方、工作機械は欧米の回復鈍いが、国内が若干戻す。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
05/19
1部
6507
シンフォニアテクノロジー
6/2終値363円、本日高値369円、推奨時利食い目処とした370円接近を達成し利食い完了。
05/15
ジャスダック
3356
テリロジー
6/2終値380円、本日高値430円、推奨時利食い目処とした400円を突破し利食い完了。
05/02
2部
7896
セブン工業
6/2終値174円、本日高値204円、推奨時利食い目処とした200円を突破し利食い完了。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る