リアルタイムサービス(6月2日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は279円高の20139円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に上昇して過去最高値を更新。発表された経済指標が良かった事から米景気減速懸念が後退し株式市場も上げ幅を拡大。注目された米ISM製造業景気指数は市場予想を上回る結果になり、ADP雇用統計も市場予想を上回る良好な結果になりました。直近の米経済指標には景気後退を警戒させるような内容も有りましたので、米株式市場ももう一つ強気になりきれないと言う感じでしたが、昨夜の経済指標を受けてムードは一変。本日の日本市場も米国株の上昇、良好な米経済指標を受けて買いが先行する展開で日経平均は上げ幅を拡大。これまで近くて遠いと言う状況が続いていた2万円を一気に回復すると言う展開です。良好な米経済指標を受けて円相場も円安が進み今日は111円台の半ばまで円安が進行、このような展開になると買いの中心も主力銘柄となりますので、今日はテーマ株や小型材料株の値動きは小休止。しかし本質的には銘柄重視の個別物色が中心と言う日本市場の状況に変わりは無く、保有銘柄が今日は上がらないからと言って気にする必要は有りません。時には主力銘柄が買われ、時にはテーマ株や小型材料株に物色が向かう、相場状況によってそれなりに物色の移り変わりは有りますが、リスクとリターンのバランスから見れば、この先もテーマ株や小型材料株が有利との見方は変わりません。今日はついに2万円を回復した日経平均ですが、2万円に乗せたからと言って特に何かが変わると言う事は有りません。逆に2万円をこの先下回ったとしても、それも特に何かが変わると言う事は有りません。あくまでも一時的な値動きの結果であり、先を見据えれば日経平均の2万円も一つの通過点だと思います。この先も投資スタンスの基本は銘柄重視、日経平均の値動きも一つの参考程度に見ておけば良いと思います。昨日と今日の上昇によって、日経平均株価には再度過熱感が出ています。5月初旬にも株価上昇によって過熱感が高まり、その後日柄調整が続いて一旦過熱感も払拭しましたが、今日は再度過熱感が高まっている、その様な状況です。しかし株価が上昇して行く状況では、このような事の繰り返しになります、特に気にする必要は無いのですが、ざっくりと言えば再度日柄調整局面を迎える、その様な認識を持っていれば問題は無いと思います。又、言い換えれば日柄調整になればテーマ株や小型材料株が再度買われると言う事になりますので、現在保有している銘柄には追い風になります。今日は週末で今夜は米5月雇用統計の発表も有りますので無理に買い出動をする必要も有りません。一応今夜の米5月雇用統計を確認し、問題が無ければ月曜日に買い出動を考えたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る