リアルタイムサービス(5月8日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は349円高の19795円で前場を終了。国内連休中に相次いだ海外のイベントの結果は総じて良好な結果になりました。米FOMCでは、直近の弱めの経済指標も一時的な事であり、利上げスタンスは変わらずとイエレンFRB議長が発言。
注目された5/5の米4月雇用統計は、イエレンFRB議長の発言を裏付けるように市場予想を上回る強い結果になりました。
注目されたフランス大統領選挙の決選投票の結果も、事前予想通りにマクロン候補が勝利して新大統領に決定。
ルペン候補勝利と言う波乱の結果にはならず、世界の株式市場も安心感に包まれると言う結果に。
対ドル、対ユーロ共に大きく円安が進み、連休明けの本日の日本市場も買い先行の展開で日経平均も大きく上昇。
個別銘柄も多くが上昇する展開で、幅広く買いが先行していると言う状況です。
残る警戒材料としては北朝鮮情勢が有りますが、北朝鮮情勢の解決を待っていれば何時になるかも解らず、ゴールデンWが終った今、ある程度は割り切り、順次買い出動を進めて行きたいと思います。
連休前から繰り返し述べて来たように、この先万が一北朝鮮有事が有った場合には、急落した安値を買い増し、先を見据えた投資に切り替えると言う対応をすれば最終結果は利食い出来ると思います。
北朝鮮有事の可能性は限りなくゼロに近いとは思いますが、万が一最悪の事態が起きても上手く乗り切る事は可能ですので、現時点では過度に神経質になる必要は無いと思います。
今日は、連休中の海外のイベントが全て良い結果になりましたので、円安が進み日経平均も上昇、買いの中心も主力銘柄と言う状況ですが、米経済政策や北朝鮮情勢を考えると、主力銘柄よりも材料系の銘柄の方がまだ相対的優位と考えています。
円高に振れた時や海外情勢が不安定になっても、割安な材料株には悪影響は少なく、関連する材料などが出た時には上昇率も大きくなります。
更に言えば、2018年3月期業績が増収増益が見込まれる銘柄が最善、今日はその様な条件を備えている銘柄として6771池上通信機(前場終値149円)の買いを実行したいと思います。
同社は放送機器・システムの中堅で業務用カメラに強みを持ち、監視カメラや医療用カメラも手がけています。
4/24には、JRA(日本中央競馬会)から映像伝達システムの更新設備を一括受注したとの発表が有り、同社株価も一時189円まで急伸、その後目先の利食いに押されて調整局面となっていますが、国内の多くの場所で監視カメラの需要は拡大中、東京五輪に向けても監視カメラ設置の需要は拡大しており、セキュリティー関連としての見直し買いの動きも期待出来ます。
又、今後4K・8K対応の放送危機、システム更新需要が控えている事も同社業績への追い風。
2018年3月期は増収増益に転じる見通し、加えて同社1株純資産190円を考えれば現在の株価には割安感も有り、押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。
後場は149円付近で買いを実行、利食い目処は200円前後、但し130円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年7月
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る