出島テクニカルワールド(4月21日推奨銘柄 )

0421s

↑(週足)

 

 

0421h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/21(金)日経平均株価は△190円の18620円で終了。昨夜の米国株は政策期待が高まりNYダウ、ナスダック指数共に大きく上昇、円相場も109円台を回復し、今日は日経平均も大きく上昇。23日にはフランス大統領選挙が有り、依然北朝鮮情勢も不透明ですが、一旦買い戻しの動きが強まったと言う展開。来週の展開も23日のフランス大統領選挙の結果次第、結果次第では上下どちらにも振れる可能性が有りますので、引き続き銘柄重視の対応で少し先を見据えて安値買いを狙うと言うスタンスがベターだと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値274円】

(東1)トーヨーカネツ(6369)  機械  1000株
同社は、石油・LNGタンク工事の大手で空港の手荷物搬送システムなど物流システムも手がけています。新規事業として水素タンクの研究開発、電力ビジネスへの参入、IoT、ロボットを活用した次世代物流システムの開発などを進めており、今後の事業領域の拡大にも取り組んでいます。2017年3月期業績は本社移転に伴う現本社売却による特別利益計上で純利益は大きく増加しますが本業の利益である営業利益は減益、しかし2018年3月期は増収増益に転じる見通しで同社1株純資産は361円、更に10円配当ですので現在の株価水準での配当利回りは約4%、配当利回りと1株純資産361円を考えればここからの下値不安は限定的、週明けに下げる場面が有ればリバウンド狙いで買いを考えても良いと思います。23日の日曜日にフランス大統領選挙が有りますので、月曜日の日本市場の動向もフランス大統領選挙の結果次第です、直近4/14安値が258円ですので来週再度250円台への下げが有れば押し目買いを実行したいと思います。当面は310円付近が上値目処になりますので利食い目処は310円接近時、但し230円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。長期トレンドの下値支持帯となる52週移動平均線は255円に位置しています、多少の誤差は有ると思いますが、テクニカル的にも250円台は押し目買いの水準です。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 低PBRと高配当利回り
【第1買いポイント】  250円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  310円接近
【損切り設定】 230円を切れば損切り

 

石油・LNGタンク工事の業界大手。国内外で実績豊富。物流システムは生協、空港向け多い。物流システム好調も、LNGタンクなど機械・プラント悪化響く。18年3月期はタンクの不振継続。ただ物流システムがネット通販など流通、空港向け増勢。営業益小幅改善。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る