出島テクニカルワールド(4月14日推奨銘柄 )

0414s

↑(週足)

 

 

0414h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/14(金)日経平均株価は▼91円の18335円で終了。アフガニスタンのイスラム国拠点に米軍が爆撃、地政学的リスクの拡大を嫌気して昨夜の米国株が下落、円高基調や北朝鮮を巡る情勢も変わらず、今日も日経平均はポジション解消売りが優勢で株価は続落。この週末に北朝鮮に核実験やミサイル発射などの動きが有るのか?無ければ、テクニカル面では週明け以降は一旦反発に転じる展開が想定されます。本格的な反発には北朝鮮情勢の改善が不可欠、安全重視なら北朝鮮情勢の改善が見られるまで投資は休み、しかしリスクを取るなら米・北朝鮮の軍事衝突は無いとの想定で反発狙いの買いを考える局面だと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値295円】

(JQ)スパンクリートコーポレーション(5277)  ガラス土石  100株
同社は、建築用床、壁材のスパンクリート(穴あきPC板)最大手で、関東、東北が地盤で新幹線向け防音壁も手がけています。東京五輪の競技場や選手村の施設、北陸新幹線延伸工事向け部材の需要開拓にも積極的、来週から日米経済対話が始まりますが、米国への新幹線輸出も同社に関連する材料。昨日大引け後に2017年3月期業績の上方修正を発表、18年3月期業績見通しは元々収益拡大見通しに有り、1株利益見通しは20円。加えて同社1株純資産は805円、業績回復基調を考えれば18年3月期には復配の可能性も高まります。昨年の11月にはシベリア鉄道のサハリンまでの延伸の思惑からロシア関連として買われて467円まで上昇、その後は300円付近での値動きが続いていましたが、業績上方修正と日米経済対話から米高速鉄道支援の思惑が強まる可能性も有り、吹き上げ狙いで買ってみたい銘柄となります。まずは290円台で1回目の買いを実行し、仮に安値が有れば270円台で買い増しを待ち伏せ、利食い目処は350円前後、但し250円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。全体的には北朝鮮情勢の改善待ち、それまでは、好材料が出た材料株を散発的に物色する展開が中心になると思います。同社株は100株単位で買えますので2回に分けて買い易い銘柄だと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 業績上方修正、低PBR
【第1買いポイント】  290円台
【第2買いポイント】  270円台
【売り値目標】  350円前後
【損切り設定】 250円を切れば損切り

 

建築用床、壁材のスパンクリート(穴あきPC板)最大手。関東、東北地盤。住宅機材に展開。防音壁が新幹線向け端境期。が、不動産は収入増。壁材も順調。生産効率化進む。営業益浮上。18年3月期は壁材が倉庫向け着実増。高層マンション向け床材も好伸。操業度改善し利益向上。東京五輪の競技場、選手村の施設や北陸新幹線延伸工事向け部材の需要開拓。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/16
1部
7971
東リ
4/14終値357円、推奨時損切り価格の360円を切りましたが、保有継続で戻りを待ちたいと思います。先々買値付近への上昇が有れば一旦売却したいと思います。
03/14
ジャスダック
6664
オプトエレクトロニクス
4/14終値600円、推奨から1ヶ月が経過しましたが、引き続き保有継続で戻りを待ちたいと思います。先々買値付近への上昇が有れば一旦売却したいと思います。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る