リアルタイムサービス(4月13日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は125円安の18426円で終了。トランプ大統領のドル高牽制発言を受けて108円台まで円高が進み、本日の日経平均も10時20分ごろには18304円まで下げ幅を拡大。
しかしその後円安に振れると日経平均も下げ幅を縮め、円相場は109円台を回復して日経平均も18400円台を回復。
しかしその本質は明日のSQに向けて、これまで円買い、日本株売りを進めて来た投機筋が利食いに転じた事だと思います。
今日で明日のSQがらみの売買もほぼ終了、明日以降はSQ要因の売買は無くなり、純粋に円相場と北朝鮮情勢を睨みながらの展開になります。
今日は下げ幅を広げた後に切り返すと言う展開になりましたが、セリングクライマックスとは程遠く、現状では底打ち確認と言う判断は出来ません。
4/15が北朝鮮では金日成生誕105周年になりますのでここを通過するまでは株式市場も警戒モードが続くと思います。
話し合いに向けて動きも出始めてはいますが、まだまだ先行きは流動的で不透明です、北朝鮮を巡る情勢が更に悪化する可能性も有れば、一転して改善に向かうと言う可能性も有ります。
もう暫くは楽観はせず、どのような展開になっても対応出来るようにしておくのが最善の対応になります。
来週から始まる日米経済対話も株式市場では警戒要因になります、どのような展開になるのか?どのような要求が出て来るのか?
ある程度中身が見えて来るまでは株式市場も警戒モードになりますが、ある程度中身が見えて来れば良くも悪くも材料は出尽くしになります。
軟調な展開が続く日本市場ですが、テクニカル面から見れば反発局面を迎えるのはキッカケ次第です。
簡潔に言えばいつ大きな反発場面が有ってもおかしくは有りませんが、しかし逆にもう一段大きく下落してもおかしくは無いと言う状況。
しかし1ヶ月程度先を見据えるなら過度に悲観的になる必要も無いと思います。
まだ買いを急ぐ必要は有りませんが、ここから更に株価が下落するなら、少しずつ買い下がって行くという対応なら平均買いコストが下がり、株価の反発局面では利食いが出来ると思います。
ここからの下落は無く一旦大きく反発するような展開になれば保有している銘柄も上昇しますのでそれも良し。
明確な底打ちのシグナルが無い限りは、買い増しは急がず、ポジションの現状維持を続けながらチャンスが来るのを待つと言う対応が最善です。
買い増しの最悪のケースは買っても買ってもまだ下がると言う状況です、その様な悪循環にならない為にも、買い増しに関しては明確な底打ちのシグナルが出るのを待つ方が良いと思います。
テクニカル的なシグナルも重要ですが、今の日本市場ではやはり北朝鮮情勢の落ち着き、改善が最も大きな底打ちのシグナルになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る