週トレ短期売買(4月12日情報 )

週トレ・日経平均イラスト

【週トレ短期売買】

 

【今日の相場を振り返って】

4/12(水)日経平均株価は▼195円の18552円で終了。昨夜の米国市場はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落して反落。シリア・北朝鮮を巡る地政学的リスクが引き続き警戒されてリスク回避の売りが優勢。長期金利の低下を受けて金融株が売られNYダウは一時下げ幅が100ドルを超える場面も有りましたが、今後本格化する主要企業の決算発表への期待から売り一巡後には押し目買い流入で急速に下げ幅を縮めて終了。NYダウ、ナスダック指数共に上値の重さは有るものの3月中旬以降はほぼ横ばいの展開でチャート上で見れば日柄調整が続いていると言う状況。地政学的リスクの高まりで買い見送りの展開が続いてはいますが、悲観売りが強まると言う展開では有りません。本日の日本市場は、北朝鮮リスクと円高進行で日経平均株価は続落、前場には一時18500円を下回り18460円まで下げましたが、その後は買い戻しも入り下げ幅を縮小して終了。アジア市場の中でも日経平均の下げが特に大きく、円高と北朝鮮リスクに加えて、ドル建てで見た場合の日経平均が高値圏に有る事も海外投資家の利食い売りが出易い状況です。当面は円高の一服と北朝鮮情勢の改善を待つしかないと言う感じ、しかし日経平均の下げ局面もぼちぼち終盤、反発に転じる時期はそう遠くないと思います。北朝鮮リスクに関しては、依然不透明な状況ですが、テクニカル面や週末のSQ要因の売買、今後本格化する日米主要企業の決算発表などを考えると、売りに傾き過ぎるのもリスク有りと言う心理がぼちぼち出て来ます。明日の前場まではまだ下がる可能性は有りますが、遅くとも明日の後場辺りからは一旦買い戻しの動きが強まると言う展開も有り得ます。森友学園問題による安倍政権の先行き懸念と北朝鮮リスクと言う材料を利用して、投機筋などが日本株売りと円買いを進めて来たと言う感じですが、日経平均18500円付近では買い方の反撃を警戒する心理も強まります。又、SQや決算発表と言うイベントが近づくと、一旦目先の利益を確定しようとする動きも強まります。諸々考えれば目先の株価下落も反発の時期は近い、その様な感じがします。

 

【当面の相場展望】

北朝鮮情勢の落ち着きを待ちながら目先の底打ちを確認すると言う感じの展開が想定されます。今週末はSQですので、多少投機的売買が強まるかもしれません、目先想定される日経平均の価格変動レンジは18800円~18400円。

 

【明日の見通し】

引き続き北朝鮮情勢と円相場次第、テクニカル的には短期の下降トレンド継続中ですので適度な戻り局面は有っても流れは下向き、上値重く下がり易いと言う状況が続きます。

 

【投資アドバイス】

軟調な展開が続いている日本市場ですが、このように先行き不透明感が警戒されてジリジリと下がる展開では、最後は大きく下振れして、セリングクライマックスとなってその後急反発に転じると言う事が多々有ります。個々の銘柄には何も悪材料などは無いのに、全体のムード悪化によって、良い物まで売られる、それが今の日本市場の状況です。しかし個別の理由無く売られているような銘柄は、全体相場が反発に転じた時にはたいていは下げる前の水準を回復するものです。現在保有中の銘柄も、引き続き持ち続けて株価反発を待つと言う対応で問題は有りません。もう一段の下振れが有れば買い増しを考えますが、下振れなく反発に転じればそれはそれで良い事です、もう暫くは上下どちらに振れても対応が出来るように余裕を持って対応する方が良いと思います。この先セリングクライマックス的な一時的な急落が有って本格的な反発局面を迎えるのか?その他にも幾つかのパターンが考えられますが、確実に言える事は売られ過ぎた銘柄は、相場状況が落ち着けば必ず反発します。今は総弱気と言う感じの相場状況ですが、総弱気は安値買いの好機でも有ります、保有銘柄は反発を待ち、もう一段の下げが有れば安値買いを狙う、その様な対応で良いと思います。又少し先を見据えれば過度に悲観する事は無いと考えています。日銀のETF買いやGPIFなどの年金系資金の買い、さらには機関投資家などの新年度入りに伴う買いなど、今存在する諸々の不透明要因が徐々に払拭して来れば買いが入りやすくなります。楽観的に見ればある日突然に北朝鮮情勢が好転すると言う展開も無いとは言い切れません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る