出島テクニカルワールド(4月6日推奨銘柄 )

0406s

↑(週足)

 

 

0406h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
4/6(木)日経平均株価は▼264円の18597円で終了。良好なADP雇用統計を受けて昨夜のNYダウは一時200ドルほど上昇、しかしその後発表された3月FOMCの議事要旨の内容が、FRBが保有する資産の圧縮が示唆され、それが利上げの代わりになるとの考えが明らかになり、米株は割高との見通しも示され、NYダウはマイナス圏まで急落。本日の日本市場も円高への警戒が高まり全面安の展開、やや売られ過ぎ感は有りますが、買い手掛かり材料も無く、北朝鮮情勢の緊迫の高まりも嫌気され、株式市場の地合いは一段と悪化。しかし少し先を見据えれば売られ過ぎ場面は安値買いの好機、安値で待ち伏せして少しずつ買い下がると言う対応ならさほどリスクは無いと思います。但し安全重視なら今週一杯は投資を休むと言う選択も一考だと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値321円】

(東1)鉄建建設(1815)  建設  1000株
相場状況から見れば、株価急反発もキッカケ次第ですのでここからのカラ売りはリスク大、しかし買い手掛かり材料は無くもう一段の下落も想定され、米政策への不透明感や円高懸念、北朝鮮を巡る地政学的リスクなどを考えると買えれば儲けもの的安値で待ち伏せすると言う突っ込み買い狙いが最善と言う感じ。突っ込み買いを狙い、戻り局面ではすかさず利食い実行、このような対応に最適な銘柄柄としては、好業績が期待出来て下値不安が限られ、全体反発局面では上昇が期待出来る銘柄として建設株だと思います。同社は鉄道、道路、マンション建設に強く、JR東日本との関係が強い事からリニア関連としても折に触れて人気化します。業績も好調で2017年3月期は過去最高益更新の見通し、2018年3月期も過去最高益を更新する見通しです。テクニカル的にはボックス相場が想定されますが、当面想定される価格変動レンジは350円~300円、投資スタンスとしてはこの先300円接近が有れば買い、350円接近時に利食い実行となります。但しリスク管理上280円を切った場合は損切りとなります。株式市場の地合い悪化で、安全重視なら相場環境が良くなるまで売買は休むと言う対応が良いと思いますが、敢えて売買をするなら安値待ち伏せ対応で、突っ込み買いを狙い、反発局面ですかさず利食い実行と言う対応がベターだと思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・投資環境が良くなるまで暫く休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】突っ込み買い狙い
【ポイント】 過去最高益更新銘柄
【第1買いポイント】  300円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  350円接近
【損切り設定】 280円を切れば損切り

 

鉄道、道路、マンション建設に強い。受注はJR、官公庁、民間がバランス。単体受注7・1%増1610億円計画。前期あった不採算工事が大幅減。施工効率化も進め営業増益。18年3月期はホテルや鉄道関連など豊富な受注残を消化。採算重視の受注も奏功、増益が続く。北陸新幹線・福井延伸部分で橋梁など大型工事受注。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/22
ジャスダック
6658
シライ電子工業
4/6終値255円、推奨時損切り価格とした260円を切りましたので損切り。
03/09
2部
4119
日本ピグメント
4/6終値265円、推奨時損切り価格とした270円を切りましたので損切り。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る