リアルタイムサービス(4月4日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は172円安の18810円で終了。米国株安と円高進行を受けて売り先行で始まった今日の日本市場でしたが、前場は小幅安の展開。
しかし後場に入ると売りが強まり日経平均も下げ幅を拡大、今日も後場に機関投資家などの益出しの売りが強まる展開。
今日は主力銘柄だけでなく、2部銘柄や新興市場銘柄にもポジション解消売りが強まり、海外勢の保有株縮小の動きも感じられます。
米中首脳会談への警戒、森友学園問題による安倍首相退陣リスクへの警戒、北朝鮮問題への警戒など、国内機関投資家や海外投資家などは一旦買いポジションの縮小を進めていると言う感じです。
今日は日経平均は下げたと行っても172円安ですのでさほど大きな下げでは有りませんが、個々の銘柄を見ると大きく下げる銘柄が目立ちます。
個々の銘柄の下げに比べて日経平均の下げ幅が余り大きくない原因は日銀によるETF買いの影響だと思います。
日銀のETF買いで日経平均の下げ幅はさほど大きくはなっていませんが、個々の銘柄の下げ幅は大きく、今日は市場のムードも一段と悪化したと言う感じです。
しかし一時的に相場の地合いが悪化し売り込まれる場面が有ったとしても大局的に見れば売られ過ぎた安値は買い有利と言う相場状況です。
4月はこれまでにも繰り返して来たように、大きなイベントが相次ぎますので多少不安定な値動きになる事も致し方有りません。
日経平均に関しても日々の状況次第で、19000円を挟んでの上下動が想定されると言う状況であり、今日は18810円で終っていますので、値動きとしてはさほど悲観的になるような状況では有りません。
ただ今日に関して個別物色が期待されたテーマ株や小型材料株などが売られると言う展開になり、その点に関してはやや想定外の展開でした。
しかし一時的にはもう一段下げたとしても、目先の売りが一巡すれば株価は反発し元に戻ります。
今日などは一時的な需給の悪化が原因であり、特に悪材料が出たと言う事では有りませんので、暫くは我慢の局面となりますが、いずれ株価は回復します。
慌てて損切りをするような行動はつつしみ、暫くは我慢して耐え忍び、先々の株価反発を待つと言う対応が良いと思います。
6日から始まる米中首脳会談が、想定される以上に良好な結果で終れば、株価急反発材料にもなります。
保有している銘柄も今日の後場は想定外に下げましたが、需給の歪みによる一過性の下げだと思います。
個々の銘柄に何か悪材料が出て下げたなら又話しは変わりますが、そうでは無い下げであれば目先の売りが一巡すれば株価は反発に転じます。
保有銘柄の今日の下げは先々反発が期待出来る下げですので過度に弱気になる必要は有りません。保有継続で先々の上昇を待つと言う対応が最善だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る