出島テクニカルワールド(3月30日推奨銘柄 )

0330s

↑(週足)

 

 

0330h

↑(日足)

 

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/30(木)日経平均株価は▼154円の19063円で終了。昨夜の米国株は高安まちまち、円相場も小幅円安、しかし今日の日経平均は急反落、ざっく言えば昨日の上昇の反動安と言う展開。特に売られる理由は有りませんでしたが、短期筋の先物売りで若干下げ幅も大きくなったと言う感じです。下値は底堅いものの上値も重い、株式市場を取り巻く環境を考えれば、引き続き日経平均はボックス相場的な展開が続き、個別物色中心の展開を想定した対応が最善と言う感じです。

 

【銘柄情報】【本日終値361円】

(東1)中央発條(5992)  金属製品  1000株
同社は自動車ばねの大手でトヨタ系向けが6割弱、非自動車向けも強化中で海外展開にも積極的。本日お昼休み中に2017年3月期業績の上方修正を発表、合理化による原価低減と円安効果が発生。業績上方修正により1株利益は32円、同社1株純資産は840円有り、現株価水準は明らかに割安、テクニカル的にも上昇トレンドは継続中でもう一段の上昇が期待出来る銘柄として買いで臨みたいと思います。テクニカル的には350円台が目先の下値支持帯になりますので360円前後で買いを狙いたいと思います。当面は2010年高値水準の420円付近が上値目処になりますので利食い目処は420円接近時、但し330円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。トランプ政権の保護主義を警戒するムードから日本の自動車メーカーには先行き警戒論が強いものの、最終的には米国内での現地生産拡大と言う結果が想定され、簡潔に言えば車を作る場所が変わるだけで同社への悪影響は無いと思います。業績好調に加えて1株純資産840円を考えれば下値不安は乏しく、当面はじり高基調の展開が続いて、割安修正高の展開が期待出来ると思います。

【リスク覚悟でリターンを狙う場合】・第1買いポイントでエントリー

【慎重な投資スタンスを取る場合】・第2買いポイントでエントリー

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、低PBR
【第1買いポイント】  360円前後
【第2買いポイント】  350円前後
【売り値目標】  420円接近
【損切り設定】 330円を切れば損切り

 

自動車ばねの大手メーカー。トヨタ系向け6割弱。非自動車向けも強化。海外展開にも積極的。国内は数量減だが原価改善寄与。アジアでトヨタ戦略車の受注堅調。円高修正で為替差益。18年3月期はアジアで増勢続く。北米も着実増。国内は生産合理化が進む。熊本地震の影響消え、連続増益。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る