リアルタイムサービス(3月29日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は5円安の19197円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは9営業日ぶりに上昇、ナスダック指数は3日続伸。3月の米消費者信頼感指数が市場予想を上回り、良好な米景気情勢が改めて見直されると言う展開で株式市場も上昇。
加えてフィッシャーFRB副議長が、今年は残り2回の利上げが適切に見えると発言した事から米長期金利が低下した事も株高要因になりました。
本日の日本市場は配当権利落ちの影響もあり安く始まると見られていましたが、円相場が111円台まで円安が進み、NYダウの9日ぶりの反発も好感されて買い先行の始まり。
本来であれば配当落ち分が130円ほど有りますので、日経平均は130円安で昨日終値と同じになります。
しかし今日は寄り付き直後にはプラス圏で推移するなど配当落ち分を瞬時に埋めると言う展開になっています。
これまでの経験則では、配当落ちを即日埋めると言う展開になると相場の地合いは強いと言う見方になります。
後場の展開を見て、本日の終値を確認するまでは断定は出来ませんが、配当落ち分を全て埋めると言うまでは無くとも、ほぼ埋めると言う終わり方になりそうな感じです。
NYダウの9日ぶりの反発も心理的には大きな安心感に繋がります、加えて円高が一服し111円台を回復するなど円安に振れている事も日本市場には大きな安心感です。
今日の展開を見る限りでは3月末に向けて日銀のETF買いや年金系資金などのドレッシング買いなどで日経平均19000円台を維持しようとする展開になりそうです。
しかし大局的に見れば19000円を中心とするボックス相場との見方に変わりは無く、当面は新たな手掛かり材料が出て来るまでは日経平均はボックス相場的な展開が続くと思います。
4月に入れば3月期決算企業の業績への思惑も強まって来ます、全体よりも個々の企業に注目が集まると言う展開になって行くと思います。
簡潔に言えば業績動向や材料性が注目され、全体よりも個別重視と言うムードが強まって行くと思います。
多少時間は掛かるかもしれませんが、保有銘柄も引き続き保有継続で吹き上げを待つ、その様なスタンスで問題は有りません。
決算発表時期になると、業績への不透明感から、材料株への物色が強まると言う事も多々有ります。
決算発表後は業績の良し悪しで、売り買いどちらにも動きやすくなりますが、決算発表前には売り買い仕掛けづらく、様子見ムードが強まり易くなります。
一方では、その幕間繋ぎで業績は余り重視されないような材料株への物色が強まると言う傾向が有ります、材料株物色が強まれば現在保有中の銘柄にも追い風になります。
新規の買い出動に関しては今は急ぐ必要は有りません、保有銘柄の結果を待ちながら順次入れ換えて行くと言う対応が最善だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る