リアルタイムサービス(3月17日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は66円安の19523円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは小幅安で反落、ナスダック指数は小幅高で続伸と高安まちまちでやや方向感の欠ける展開でした。
前日に米利上げを無難に通過して大きく上昇していますので、一旦目先の利益確定売りが出たと言う感じです。
昨夜はトランプ政権の2018年度(2017年10月~2018年9月)の予算方針が示されましたが、株式市場が期待している大規模な減税やインフラ投資など、全体像を示す予算教書の発表は5月に先送りなされ、やや肩透かしの一面も。
大規模な減税やインフラ投資などに関しては米議会の承認も必要になりますので、先延ばしされたと言う事は議会の理解がなかなか得られないと言う事の裏返しでも有ります。
しかし予算教書の先送りにも米国市場は失望売りが強まる訳でもなく、前向きに考えれば好材料が先延ばしになったと言う感じ。
株式市場が前向きな反応を示すと言う事は株式市場の地合いは良好と言う事です、引き続き強含みの展開が続きそうな米株式市場と言う感じです。
昨日大引け後に円相場が一時112円台に突入した事もあり今日の日本市場も売りが先行する展開で株価は下落。
加えて今夜からドイツでG20財務相・中央銀行総裁会議があり、日本市場は週末3連休、今日はポジションを減らす動きは有っても、増やすと言う動きは期待出来ませんので、日経平均の適度な下落は想定内の展開です。
今日は日経平均も下げてはいますが、昨日と同じように売り一巡後には下げ幅を縮めており、安値では押し目買いが入る地合いは変わりません。
円相場も今日は円安に振れており113円台半ばまで戻しています。上値は重いものの、来週以降は様子見要因のイベントも無くなり、日経平均も上がり易くなります。
仮に日経平均は上がらずとも来週以降は個別物色の動きは強まると思います。3月決算に向けて好業績銘柄やテーマ株・材料株が個別物色で買われると言う展開が例年3月には強まる傾向が有ります。
引き続き保有銘柄の吹き上げを待つ、来週以降もその様な対応で問題は有りません。
又、森友学園問題が日々広がりを見せ、安倍政権を揺さぶる状況は海外投資家からすれば、現時点では売り材料にまではなりませんが、買い見送り材料になります。
国会での証人喚問が決まりましたが、安倍政権に問題無しと言う事が明らかになるまでは海外投資家の本格的な買いは無いかもしれません。
海外投資家は政治に関して非常に敏感です、安定政権を好み、政権の不安定は嫌う、これが海外投資家の基本的なスタンスでも有ります。
しかしそれも日経平均ベースでの話し、個別銘柄に関しては問題はなく、逆に個別物色への安心感を高める一面も有ると思います。
今日の後場は保有銘柄の動向を見守るだけです、新規の買い出動に関しては3連休明けに考えれば良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る