出島テクニカルワールド(3月13日推奨銘柄 )

0313s

↑(週足)

 

 

0313h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/13(月)日経平均株価は△29円の19633円で終了。注目された米2月雇用統計は市場予想を上回る結果になりました、しかしマーケットの反応は既に織り込み済みで材料出尽くしの反応、今日は先週末の反動が出たと言う感じで為替は円高に振れたものの日経平均は小幅高、連日で終値ベースの昨年来高値を更新。テクニカル的には強気継続中の日経平均、今週はイベントが相次ぎますので、多少上下に振れる動きも有るかもしれませんが、銘柄重視の対応で有れば特に問題は有りません。引き続き銘柄重視で押し目買いを狙う、その様なスタンスで問題は無いと思います。

 

【銘柄情報】【本日終値238円】

(東1)石塚硝子(5204)  ガラス・土石  1000株
2/16にも買い推奨をしてその時には買えなかった銘柄ですが、その後適度に調整が進み、再度買いを狙いたい局面を迎えています。製瓶、ガラス食器大手で紙器、PETボトルなどプラスチック容器などを手掛けている同社ですが、為替予約取引にかかるデリバティブ利益の発生なども有って2017年3月期業績見通しを上方修正、1株利益は37円見通し、同社1株純資産は544円。株価の割安感が注目されて200円付近に有った同社株も一段高で2/7には261円まで急伸、しかしその後は上昇一服で調整局面を迎えていますが、調整が完了すれば再上昇に転じる可能性が大、目先もう一段の下落が有れば押し目買いで対応したい銘柄となります。テクニカル的には220円台が下値支持帯になりますので、220円台待ち伏せ対応で押し目買いを狙いたいと思います。当面は直近高値水準の260円付近が上値目処になりますので利食い目処は260円接近時、但し200円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。今週は米FOMC、オランダ総選挙、米予算教書発表など、イベントが相次ぎますが、同社のような小型材料株への影響は余り無いと思います、好業績、低PBR、上昇トレンド継続中の銘柄として、もう一段の安値が有れば押し目買い有利と考えます。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い狙い
【ポイント】 好業績、低PBR銘柄
【第1買いポイント】  220円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  260円接近
【損切り設定】 200円を切れば損切り

 

製瓶・ガラス食器大手。紙器、PETボトル予備成形品等プラスチックに多角化、ファインセラも。窯更新、付帯修繕費用増でガラス瓶厳しい。が、稼ぎ頭のPETは顧客深掘り成功。燃料安の恩恵が想定超。18年3月期は窯更新による燃費効率改善で償却増をカバー。営業益微増。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/14
2部
4635
東京インキ
3/13終値304円、買いコスト290円台、推奨から1ヶ月が経過、物色人気もやや離散、明日は売却してポジションを解消したいと思います。
02/13
1部
7102
日本車輌製造
3/13終値325円、買いコスト310円台、推奨から1ヶ月が経過、物色人気もやや離散、明日は売却してポジションを解消したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る