出島テクニカルワールド(3月10日推奨銘柄 )

0310s

↑(週足)

 

 

0310h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/10(金)日経平均株価は△286円の19604円で終了。米長期金利が上昇して円相場も115円台半ばまで円安が進行、メジャーSQも通過してポジションが身軽になった事もあり、今日は買いが先行する展開で日経平均も上げ幅を拡大。終値ベースでの昨年来高値を更新、週末にもかかわらず大きな陽線となり、来週に期待が持てる終わり方です。日経平均週足チャートでは3週連続の陽線となり、テクニカル判断では強気シグナル、今夜の米2月雇用統計に想定外の悪化が無ければ来週の日経平均は2万円にチャレンジする動きも期待出来ると思います。

 

【銘柄情報】【本日終値451円】

(東1)ケネディクス(4321)  サービス  100株
2/17に買い推奨をして既に利食い済みの銘柄ですが再度買いを狙いたいと思います。独立系不動産ファンドを運営する同社ですが、資産運用残高では国内最大手級、伊藤忠商事と提携しJ-REITも手がけています。2/13引け後に2016年12月期決算を発表しましたが、17年12月期見通しが増収増益、1株利益42円と発表され、同時に自社株買いの実施も発表。更に、3/8にはSMBC日興證券が投資判断1、目標株価730円でカバーを開始との報道を受けて同社株も一時462円まで急伸、テクニカル的にも昨年10月以降続いているボックス相場上放れの兆しも有り、押し目買い狙いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には440円付近が下値支持帯になりますので440円台で押し目買いを狙いたいと思います。当面は昨年9月高値水準の480円付近が上値目処になりますので利食い目処は480円接近時、但し3/7安値433円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。来週の米FOMCでは利上げ濃厚と言う状況ですが、日米株式市場は既に利上げは織り込み済み、15日には米予算教書の発表も予定されており、一連のイベントを通過すれば日経平均も一段高の動きが想定され、同社株も連動高の動きが期待出来ると思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、内需関連
【第1買いポイント】  440円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  480円接近
【損切り設定】 433円を切れば損切り

 

独立系不動産ファンド運営。資産運用残高では最大手級。伊藤忠商事と提携。J‐REITも。資産運用は反落する一方、営業外にファンドからの配当計上。17年12月期はREIT等の受託資産残高が積み上がり資産運用が着実に伸びる。不動産投資も順調。営業益上向く。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
03/06
2部
5614
川金HD
3/10終値400円、推奨時に買いゾーンとした水準への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る