リアルタイムサービス(3月8日前場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は97円安の19246円で前場を終了。昨夜の米国株はNYダウ、ナスダック指数共に小幅に下落して続落。新たな手掛かり材料も無く、今週末には米2月雇用統計の発表も控えており、昨夜の米国市場も様子見ムードが強まると言う展開。
来週の14~15日に米FOMCが開かれ、先日のイエレンFRB議長の発言では利上げが濃厚と見られています。
但しその為の最低限の条件が今週末の米2月雇用統計がそこそこ堅調で有らなければなりません。
仮に、今週末の米2月雇用統計が急速に悪化していれば15日の利上げは先送りとなり、米国株も米経済への期待が失速して少し大きく下げる展開になると思います。
又日本にとっても、米国の利上げ先送りは円高要因となり、その場合は急速に円高が進むと言う展開になると思います。
その様な波乱の可能性は限りなくゼロに近いですが、投資家心理としてはマーケットの波乱要因にもなりますので、結果を見極めたいと言うムードが強まります。
加えて日本市場では週末の10日はメジャーSQです、今日は特段の悪材料は出ていませんが日経平均は大きく下落しています。
週末の米2月雇用統計、メジャーSQ、様子見要因が有る中で今日の下げも投機筋の売り仕掛けと言う感じ。
しかし週末に向けての日経平均の価格変動レンジは19500円~19000円、今日の下げも想定の範囲内であり、過度に悲観する必要は有りません。
又日経平均は下げていますが、テーマ株や材料株は堅調な展開で上昇する銘柄が多く、銘柄重視の投資をしている限り、日経平均の軟調な展開もさほど気にする必要は無いと思います。
現在保有している5614川金HDが本日高値415円まで上昇して推奨時利食い目処とした400円に到達、利食い完了とさせて頂きます。
1月に買い推奨をして現在も保有中の8925アルデプロは、先々の値動きを見ながら判断すると言う事で、推奨時に利食い目処を明記していませんでしたが、190円付近が当面の上値目処になりますので190円付近での利食い狙いで対応したいと思います。
本日昨年12月末の高値170円を突破して来ました、引き続き保有継続でもう一段の上昇を期待したいと思います。その他の銘柄は引き続き保有継続、吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。
今日はジャスダック銘柄、6658シライ電子工業(前場終値287円)の買いを実行したいと思います。
昨年は任天堂関連銘柄として急騰した同社株ですが、その後の調整で過熱感はほぼ払拭、自動車の電装化を背景にプリント配線版の受注拡大を受けて工場を増設するなど事業環境は良好。
今期業績は下方修正したものの来期は増益が見込まれ、加えて「新型ゲーム機、ニンテンドースイッチ」の販売好調で、再度任天堂関連として物色人気が高まる可能性も有ります。
後場は時価近辺で買い出動、利食い目処は350円接近時、但し250円を切ればリスク管理上損切りとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る