リアルタイムサービス(3月7日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は34円安の19344円で終了。今日は売り先行で始まった後は下げ幅を縮めたものの、買い戻し一巡後には再度下げに転じるなど総じて軟調な展開でした。
しかし日中の日経平均の高値と安値の差は60円ほどと小幅で値動きの乏しい1日となりました。
手掛かり材料が乏しく、北朝鮮を巡る地政学的リスクの高まりや週末のメジャーSQなど様子見ムードを強める要因もあり、相場的に言えば新たな材料待ちと言う感じです。
ここ数日は軟調な展開が続いている日経平均ですが、テクニカル的には25日移動平均線を上回っていますので基本的には強気継続と言う状況。
今日は相場の流れの転機を示す十字線に近いローソク足になりましたので明日反発するかどうかに注目となります。
今日の日経平均は34円安で終りましたが、ファーストリテイリングとファナックの2社で日経平均を30円ほど押し下げており、それの差し引けば実質的には変わらずと言う状況でも有ります。
主力大型株は軟調、小型株や2部銘柄、新興市場銘柄などは買われるのもが多く、日経平均は軟調でも日本市場全体を見れば物色意欲は依然旺盛な状況です。
日本市場の現状としては、これまでにも繰り返し述べて来たように、日経平均の値動きを見るよりも個々の銘柄をピンポイントで見て行く方がより良い投資に繋がると言う感じです。
日経平均の値動きは全体の需給や投資家心理などを判断する材料として活用し、実際に行う投資に関しては個々の銘柄の持つテーマ性や業績などを判断して実行して行く。
日経平均を参考にしつつ個別重視の投資、それが今の日本市場では最もリスク少なく利益を追求する投資だと思います。
物色が向かいそうなテーマ性を持ち、業績面での割安感も有る、テクニカル的にも上昇基調に有るような銘柄の安値を仕込んで吹き上げを待つ、このような投資が今の日本市場では最もリスク少なく利益を追求する投資になります。
現在保有している銘柄も全てこのような要素を持つ銘柄です、多少の時間は掛かってもいずれ吹き上げの時期は来ますので、引き続き保有継続で吹き上げを待つと言う対応で良いと思います。
全てが想定通りには行きませんが、例えば5銘柄中の3銘柄で利食いが出来、残りの2銘柄がトントン程度で売却となれば、トータルでは十分に成功と言えると思います。
株式投資において最も大事な事は大きく負けない事です、投機で一発大儲けを狙わず、適度な利益を積み上げて行く事で利益を大きくして行くと言う発想が大事な事です。
数銘柄への分散投資でリスクを分散し、利益の平均化を図る、その様な投資を続けていれば最終的には安定的に資金も増加して行くと思います。
今は投資環境としては余り良いとは言えない環境ですが、それでも銘柄重視の投資をして行けばそれなりの結果は付いて来ると思います。
焦らず慌てず、じっくりと我が道を行く、それが銘柄重視の投資です、安値を仕込み吹き上げを待つ、今の日本市場ではこのスタンスが最善の投資だと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る