出島テクニカルワールド(3月2日推奨銘柄 )

0302s

↑(週足)

 

0302h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
3/2(木)日経平均株価は△171円の19564円で終了。昨夜の米国株が大きく上昇して円相場も114円台を回復、日経平均も買い先行で始まり一時19668円まで上昇、その後利食いに押されて上げ幅を縮めて終りましたが、1/5高値の19615円を突破し、テクニカル的には昨年12月以降続いて来た保ち合い相場を上に抜けた格好で買いシグナルの出現。しかし短期的には過熱感が警戒される状況です、明日以降も大きな流れは上向きですが、一旦適度な調整場面も有りそうです。投資スタンスとしては引き続き銘柄重視の発想で押し目買いスタンスなら特に問題は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値250円】

(東2)日本アビオニクス(6946)  電気機器  1000株
2/2にも買い推奨をして既に利食い済みの銘柄ですが株価下振れが有れば再度買いを狙いたいと思います。同社はNEC系の防衛用表示機器、音響機器大手で、防衛関連が約40%を占め、2017年度の防衛予算が過去最大の5兆1000億円に増加、米国でも防衛予算の増額が既に報じられており、同社を巡る事業環境を考えれば同社株の下値不安は限定的だと思います。加えてリニア新幹線建設で、同社子会社が所有する土地をJR東海に譲渡、保証金約74億円を今期から3期に分けて受け取る事になっており、財務内容健全化と増配期待も有ります。テクニカル的には大局上昇トレンドは継続中ながら当面は230円台が下値支持帯、270円台が上値抵抗帯と言うボックス相場が続く可能性が高く、投資スタンスとしては230円台が有れば買い、270円接近で利食い実行、仮に210円を切ればリスク管理上損切り実行、このようなボックス相場対応のスタンスが良いと思います。次々と新たな銘柄を攻めると言う投資も一考ながら、有る程度値動きが想定出来る銘柄を繰り返し売買する投資も地味ながら手堅い投資です。しかしながら待ち伏せ価格への下落無く買えないと言う事も多々有ります、買えれば儲けもの、買えなくても良し、そのぐらいの発想で安値買いを狙ってみたいと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】待ち伏せ
【ポイント】 防衛関連
【第1買いポイント】  230円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  270円接近
【損切り設定】 210円を切れば損切り

 

NEC系。防衛用表示機器、音響機器大手で防衛関連約4割。民需は赤外線、接合装置が中心。防衛省向けシステムが装備品国内調達の縮小痛い。新製品投入効果で民需伸びるが、フルカバー至難。償却費かさむ。営業益後退。補償金特益。純益膨張。建設に伴い山梨県内の子会社敷地をJR東海に譲渡へ。補償金73・88億円は今期から3期に分け順次、特益計上。

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/28
ジャスダック
4847
インテリジェントW
3/2終値551円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。今後安値が有れば再度買い推奨を考えたいと思います。
02/27
1部
5358
イソライト工業
3/2終値406円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。今後安値が有れば再度買い推奨を考えたいと思います。
02/22
1部
8101
GSIクレオス
3/2終値146円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。今後安値が有れば再度買い推奨を考えたいと思います。
02/16
1部
5204
石塚硝子
3/2終値236円、待ち伏せ価格への下落無く買えず、買い推奨は一旦取り消します。今後安値が有れば再度買い推奨を考えたいと思います。
02/15
2部
5614
川金HD
3/2終値398円、推奨時利食い目処とした400円接近を達成して利食い完了

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る