リアルタイムサービス(3月2日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は171円高の19564円で終了。米国株の大幅高と114円台の円安を好感して一時19668円まで上げ幅を広げた日経平均ですが、その後目先の利食いや戻り売りに押されて上げ幅を縮小。
2/27安値の18995円から上昇が続いている日経平均ですので、短期的にはやや過熱感も有ります。
一旦適度な調整場面も有りそうですが、テクニカル的には2万円を目指す展開に変わりは無く、大局的に見れば新たな上昇局面の初動と言う状況になります。
しかし少し厳しく見れば、現時点ではまだ一時的に1/5高値19615円を超えただけで、この先確実に上回るまでは楽観は出来ません。
終値が19700円台や19800円台まで上昇すれば明らかに保ち合い相場の上放れとなりますが、慎重な見方をすればもう一段の上昇を待ってから新たな上昇局面の始まりと見たい感じ。
3月末に向けて、円相場が現水準程度なら当然主要企業の業績に対して上方修正期待が高まって来ます。
更に円安が進めば尚良しとなりますが、多くは望まずとも現水準程度で推移し、円高に振れるような事がなければ3月末に向けて日経平均も一段高と言う展開が期待出来ます。
日経平均の動向を左右する円相場ですが、直近の円安進行も、米国で3月のFOMCで利上げも有り得るとのムードが高まっている事が背景に有ります。
米国のFRB理事でもある地区連銀総裁などが最近は早期の利上げを支持すると言うような発言をしています。
今週末にはイエレンFRB議長の講演も控えている状況ですので、利上げに向けた地ならしと言う見方も出ています。
仮に今週末のイエレンFRB議長の講演での発言が、利上げに前向きであれば何ら問題は有りませんが、利上げは経済情勢次第と言うように、これまでの発言を繰り返すだけと言う感じになれば、早期上げムードは沈静化して円相場も円高に振れます。
そうなると日経平均も一時的には下振れし直近上昇に対するスピード調整的な動きになると思います。
しかしその様な反落の展開が有れば絶好の押し目買いのチャンスになりますので何も悲観する事は有りません。
日経平均は直近大きく上昇していますので、大きく円高に振れるような事が有ると下がり易いと言う状況です。
しかしその様な動きが有っても大局的に見れば米利上げ時期は近いと言う事に変わりは無く、一時的に円高に振れても再度円安に戻ります。
簡潔に言えば円高で株価が下げれば押し目買いのチャンス、その様に考えていれば問題は有りません。
今週末のイエレンFRB議長の講演での発言も、円相場や日経平均には一時的な影響しか有りません。
更に言えば日経平均や円相場の値動きに影響を受けない銘柄を中心に買っていれば何も問題は有りません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る