出島テクニカルワールド(3月1日推奨銘柄 )

0301s

↑(週足)

 

0301h

↑(日足)

 

【全体相場解説と投資判断】
3/1(水)日経平均株価は△274円の19393円で終了。今日は円安が進み寄り付き直後に上げ幅を拡大、しかしその後トランプ大統領の議会演説が近づくと日経平均も上げ幅を縮小。そして演説が終った後場には、一段と円安が進み日経平均も上げ幅を拡大。目先の不透明要因通過が買い安心感に繋がったと言う感じ。トランプ大統領の議会演説の内容も、特にサプライズは有りませんでしたが、あらためてトランプノミクスに対する強い意志を示したと言う演説でした。引き続き銘柄重視で対応して行くならさほど警戒する必要は無いと思います。

 

 

【銘柄情報】【本日終値91円】

(東2)日東化工(5104)  ゴム  1000株
同社は三菱樹脂系で、工業用ゴムと樹脂製品が主力、新幹線の軌道用樹脂てん充材、軌道パッドなども手掛けており、新幹線・リニア新幹線関連の一面も有ります。本日トランプ大統領の議会演説が無難に終了し、後場には目先の不透明要因が通過した事から日経平均も上昇、演説内容もこれまでにトランプ氏が表明していた事が網羅され、あらためて新幹線関連銘柄が買われる動きが強まりました。同社株も後場には一時99円まで急伸、その後押し戻されて行って来いの展開になりましたが、2017年3月期業績も既に上方修正されるなど足元の業績は良好、テクニカル的にも中期上昇トレンドは維持しており、下値不安は限定的な新幹線関連銘柄として吹き上げ狙いで買いを実行したいと思います。明日は時価近辺の91円前後で買いを実行し、利食い目処は110円接近時、但し80円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。トランプ大統領は議会演説でもあらためて1兆ドル規模のインフラ投資に触れ、当然その中には興味を持っている高速鉄道関連投資も含まれると思います、日本政府の経済協力にも新幹線は入っており、財政的な面を考えれば、日本から資金・技術両面の協力が期待出来る新幹線は実現確率は高いと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・本文参照

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】吹き上げ狙い
【ポイント】 新幹線関連の低位株
【第1買いポイント】  91円前後
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  110円接近
【損切り設定】 80円を切れば損切り

 

三菱樹脂系。工業用ゴム製品と樹脂製品を主軸に生産。再生ナイロン等リサイクル製品にも展開。ゴムコンパウンドは自動車関連の需要後退、販価も低下。ただ好採算の樹脂洗浄剤が想定超の増販。前期人員減不補充や不採算製品絞り込みも効く、営業増益幅拡大。工場設備売却益。18年3月期は既存製品の新規顧客開拓進捗。

 

 

 

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
01/30
1部
4344
ソースネクスト
3/1終値629円、推奨から1ヶ月が経過しましたが引き続き保有継続で対応したいと思います。但し先々700円に接近する場面が来れば売却してポジション解消、600円を切った場合はリスク管理上損切り実行。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る