出島テクニカルワールド(2月17日推奨銘柄 )

0217s

↑(週足)

 

0217h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/17(金)日経平均株価は▼112円の19234円で終了。昨夜の米国株が上昇一服となり、円高も進行、手掛かり材料不足で今日は週末と言う事も有り、目先のポジション解消売りが優勢と言う展開で日経平均も続落。しかし個別物色の動きはそれなりに継続しており、日経平均も19000円台の値固めと言う局面、日経平均はもう暫く膠着した展開が続くと思いますが、銘柄重視の投資なら特に神経質になる必要は有りません。引き続き銘柄重視で個を見て対応して行けば特に問題は有りません。

 

【銘柄情報】【本日終値443円】

(東1)ケネディクス(4321)  サービス  100株
独立系不動産ファンドを運営する同社ですが、資産運用残高では国内最大手級、伊藤忠商事と提携しJ-REITも手がけています。2/13引け後に2016年12月期決算を発表しましたが、17年12月期見通しが増収増益、1株利益42円と発表され、同時に自社株買いの実施も発表。2/14には一時461円まで株価も上昇、しかしその後は日経平均の軟調な展開も有って同社株も反落、しかし好業績、自社株買い効果などを考えると、目先の調整完了後は再上昇に転じる可能性が高く、もう一段の下落が有れば押し目買いで臨みたい銘柄となります。テクニカル的には430円付近が下値支持帯になりますので430円台で押し目買いを狙いたいと思います。当面は460円付近が上値目処になりますので利食い目処は460円接近時、但し410円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。当面手掛かり材料不足で膠着した展開が続きそうな株式市場です、同社株も大きな値動きは期待出来ませんが、下値不安は限定的。430円~460円のゾーンでの値動きが想定されますので、430円に近づけば買い、460円に近づけば利食い実行、ボックス相場的な値動きを想定して安値を買えれば利食いの確率は高い銘柄だと思います。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・見送り

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】押し目買い
【ポイント】 好業績、自社株買い
【第1買いポイント】  430円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  460円接近
【損切り設定】 410円を切れば損切り

 

独立系不動産ファンド運営。資産運用残高では最大手級。伊藤忠商事と提携。J‐REITも。資産運用は反落する一方、営業外にファンドからの配当計上。17年12月期はREIT等の受託資産残高が積み上がり資産運用が着実に伸びる。不動産投資も順調。営業益上向く。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る