出島テクニカルワールド(2月9日推奨銘柄 )

0209s

↑(週足)

 

0209h

↑(日足)

 

 

【全体相場解説と投資判断】
2/9(木)日経平均株価は▼99円の18907円で終了。週末の日米首脳会談を控えてポジション解消売りが中心と言う展開、明日のSQ絡みの売買も今日は売り方が優勢。しかし大局的に見ればボックス相場の中での上げ下げで、簡潔に言えば日米首脳会談の結果待ち相場。来週以降の日経平均の展開は日米首脳会談の結果次第、しかし銘柄重視で内需系の好業績、割安な材料株狙いと言うスタンスなら特に問題は無いと思います。安全重視なら日米首脳会談の結果を確認するまでは様子見、多少のリスクは取ると言う方は銘柄重視で対応、今はその様な投資環境になります。

 

 

【銘柄情報】【本日終値223円】

(JQ)栄電子(7567)  卸売業  1000株
同社は産業機器メーカー向け電子部品商社で半導体製造装置用電子部品が主力。IoT市場の拡大を受けて、現在中古の半導体製造装置需要が急速に高まり品不足状態に有ります。その理由はIoTで使う半導体は最先端のものではなく、機能は少なくとも省エネで長期間の耐久性がある古い旧式のものの方が利用価値が高いとの事。中古の半導体製造装置を再利用する訳ですから当然部品の交換需要が高まります、それは同社にとっては業績への大きな追い風になります。テクニカル的には緩やかな上昇トレンドが続いており、業績的にも増収増益見通しで1株利益は23円、同社1株純資産も497円有り、現在の株価には割安感も有ります。目先の下値支持帯は220円前後になりますので明日は時価近辺の220円台で買いを実行したいと思います。当面は300円付近が上値目処になりますので利食い目処は300円接近時、但し190円を切った場合はリスク管理上損切りして一時撤退となります。内需系の割安テーマ株として吹き上げ狙いで臨みたい銘柄となります。週末の日米首脳会談を控えて積極的に買いを考える局面では有りませんが、同社の場合は内需系で特殊事情に関連するテーマ株、日米首脳会談の結果も余り影響は無いと思います。しかし今週は多少のリスクは取ると言う方のみ参加する投資環境です、安全重視なら日米首脳会談の結果を確認するまでは休むと言う選択が最善。

【リスクは覚悟でリターンを追及したい方】・本文参照

【リスクの少ない慎重な投資スタンスを望む方】・休み

 

【テクニカル評価】AA 【投資タイプ】追撃買い
【ポイント】 IoT関連の割安株
【第1買いポイント】  220円台
【第2買いポイント】  なし
【売り値目標】  300円接近
【損切り設定】 190円を切れば損切り

 

産業機器メーカー向け電子部品商社。独立系。秋葉原本拠。半導体製造装置用電子部品が主力。主力の半導体製造装置向け電子部品はやや増加。ただ電子部品検査装置用FAコンピュータ横ばい程度。医療機器向け電源など想定未達。仕入れ本社直轄化で販売費削減でも営業微増益止まり。18年3月期は半導体製造装置向け電子部品堅調。

 

 

推奨日
市場
コード
銘柄
コメント
02/03
1部
5358
イソライト工業
2/9終値425円、推奨時待ち伏せ価格への下落無し、買い推奨は一旦取り消して今後の値動きを見た上で再度推奨を考えたいと思います。
01/25
ジャスダック
4814
ネクストウェア
2/9終値251円、本日高値272円、推奨時利食い目処とした270円接近を達成して利食い完了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る