リアルタイムサービス(2月9日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は99円安の18907円で終了。昨夜の海外市場では円高が進み、今日の日本市場も売り先行で始まりまずは下げ幅を拡大。
しかしその後円安に振れた為、日経平均も下げ幅を縮小し11時過ぎには18991円まで上昇。
強弱感の対立するような値動きでしたが、本質的には明日のSQに向けての売り方と買い方の攻防。
前場は下げ幅を縮小しましたが、後場になると再度下げに転じて今日の安値圏で終るなど明日のSQに向けての攻防も売り方が優勢と言う状況。
そもそも週末に日米首脳会談を控えていますので、積極的に売買をする動きも無く、様子見ムードの中で先物主導で上下に振れているだけの展開。
日米首脳会談を通過するまでは上下に振れても相場的には意味は無く、短期筋の売買で上下に振れているだけです。
今週は日々その様な展開が続いており、明日も膠着感の強い値動きになりそうです。
今日も個別物色の動きはそれなりに出ていますが、日米首脳会談を控えてさほど積極的でも有りません。
株式市場のムードも日米首脳会談待ちと言う感じですので、再度個別物色が強まるのも、来週以降と言う感じ。
現在保有中の銘柄は全てテーマ株や内需系の小型材料株ですので、日米首脳会談の結果がどうなろうとも余り影響は無いと思います。
日米首脳会談が終れば目先の不透明要因が無くなる分だけ個別物色も強まり易く、そう言う意味では日米首脳会談の通過は好材料になって来ると思います。
米国との関係の深い主力銘柄や円相場との連動性が強い銘柄などは、日米首脳会談が終ってもまだ不透明感が残りますので、もう暫くは不安定な値動きが続くかもしれません。
簡潔に言えば日米首脳会談の結果も、銘柄次第で影響は違うと言う事になります。
テーマ株や小型材料株に関しては、そもそも日米首脳会談の影響も余り有りませんが、それでも株式市場全体に様子見ムードが強まると、個別物色意欲も弱まります。今日などはその様な感じの展開でした。
しかし弱気になる事は無く、過度に警戒する必要も無いと思います。
日米首脳会談も、マスコミなどが報じているほどには悪い結果にはならないと思います。
トランプ政権が本気で貿易赤字の改善を考えている相手は中国です、対中国との交渉に向けて日本にも多少の協力は求めるとは思いますが、日本と敵対するような話にはなりません。
今後米中通商交渉によって、中国との関係が悪化する事は間違いなく、そうなれば尚更、経済・防衛両面で、日本との良好な関係は重要になって来ます。
明日は週末で、明日の夜には日米首脳会談が始まります、ここまで来れば日米首脳会談の結果をじっくりと見極め、それから次の売買を考えれば良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る