リアルタイムサービス(2月2日後場情報)

RTの出島イラスト

日経平均株価は233円安の18914円で終了。今日は小幅高で始まった日経平均でしたが、徐々に円高が進み日経平均も徐々に下げ幅を拡大。
前場は下げ渋ったものの、後場に入ると一段と円高が進み日経平均も下げ幅を拡大、19000円を切ると下げ足を早める展開で大引け前には18866円まで下落。
特に何か悪材料が出たと言う訳では有りませんが、ジリジリと円高が進む中でジリジリと株価も下げると言う展開。
FOMC声明で次の利上げに関する含みは無く、2/10の日米首脳会談で日本の量的緩和策に注文が入るのでは?との懸念も意識された感じ。
例え、量的緩和政策に注文が入ってもやめる可能性はほぼゼロですが、何を要求されるかわからないと言うムードがリスク回避の売りを強めたと言う感じも有ります。
昨日は下振れした後に反発して上昇している日経平均でしたので今日の下げはやや想定外の展開。
大局的に見れば上昇基調に変化無しとなりますが、2/10の日米首脳会談の結果を確認するまでは上値の重い弱含みの展開が続きそうな感じ。
しかし弱気になる必要は無く、売られ過ぎるような場面が有れば先を見据えて安値買いで対応すれば良いと思います。
政治的にどのような展開になれども米経済が良くなれば日本経済にとっても良い事、米国株の上昇基調が続くなら日本株にも好影響有り。
仮に一時的な波乱が有ったとしてもその波乱は安値買いの好機になると思います。又仮にその様な波乱の動きが有ったとしても主に売られるのは主力銘柄です、現在保有しているようなテーマ株や材料株に関してはさほど悪影響も有りません。
テクニカル的には13週移動平均線付近まで下げて来た日経平均ですが、明日のポイントとしては18873円に位置する13週移動平均線を維持出来るかどうか。
仮に13週移動平均線を下回れば18500円付近までは見ておかなければなりません。しかしそれでも大局上昇トレンドは変わらず、悲観的になる必要は無いと思います。
昨日も述べた事ですが、既に四半期決算を発表済みの企業業績は良好なものが多く、日経平均ベースでの1株利益は増加しています。
その様な状況で日経平均が下落していると言う事は簡潔に言えば理に反する展開です。
その理由はトランプ政権の政策への不透明感となりますが、もっと簡潔に言えば漠然とした不安により売られていると言う事です。
しかしながらその様な不安売りも一巡すれば、企業業績改善と言う現実が意識されて来ます。
日本企業の業績面から見れば売り圧力も限定的、日米首脳会談を控えて、一旦目先の利益を確定していると言うのが直近の売り主体の本質です。
日々の上げ下げは有りますが、引き続き銘柄重視の対応であれば神経質になる必要は無いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る