リアルタイムサービス(1月19日前場情報)

rt%e3%81%ae%e5%87%ba%e5%b3%b6%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%88

日経平均株価は176円高の19071円で前場を終了。昨夜の米国市場はNYダウは小幅安でナスダックは小幅高、原油相場安を受けて石油関連株が売られ、トランプ政権の政策不透明感も意識されNYダウは弱含みの展開でしたが、足元の事業環境が良好な半導体株が買われてナスダックは上昇。
米国市場は銘柄によって強弱まちまちの展開ですが、強含みの相場の地合いに変わりは無く、短期的には明日のトランプ大統領就任式を見極めたいと言う感じです。
米情報機関からはトランプ大統領就任式でのテロを予告する脅迫なども有るとの発表も有り、大規模な反トランプデモなども計画されています。
無事にトランプ大統領就任式を終える事が出来るのか?市場関係者としては無事に終わるまで安心出来ないと言うのが本音だと思います。
昨夜米国でイエレンFRB議長の講演が有り、その中でイエレン議長が「FRBとしては主要金利が2019年にかけて毎年数回引き上げて行くと予想している」と発言し、米長期金利が上昇、海外市場では114円台半ばまで円安が進みました。
米長期金利の水準に関しても長期的には持続可能な金利水準である3%まで近づくとの見通しも示しました。
現在の米長期金利は2,4%程度ですので昨夜のイエレンFRB議長の発言は大きな円安支援材料になります。
昨夜のイエレンFRB議長の発言を受けて本日の日本市場でも円安の流れが強まり114円台後半まで円安が進んでいます。
大きく円安に振れた事から株式市場も好感買いの展開で日経平均も大きく上昇、19000円を回復して一時19122円まで上げ幅を広げました。
各種テクニカル指標では短期的にはやや売られ過ぎの水準でしたので一旦反発に転じる動きは有る程度想定内の動き。
丁度その様なタイミングで大きく円安に振れましたので今日は素直に日経平均も反発したと言う感じです。
しかし明日にはトランプ大統領就任式が有ります、先に述べたようにテロなどの一抹の不安も有りますので、トランプ大統領就任式を無事に終えるまでは上値は買い難いと言うのが投資家心理。
日経平均の昨日と今日の反発も大局的に見れば1/5高値19615円からの下げに対する自律反発です。
簡単に言えばこれまで売り込んで来た投資家の買戻しが株価反発の主原因、この先に関しては明日の大統領就任式を無事終わる事が出来るかどうか?加えて就任式での演説でどのような話をするのか?
この2つを確認するまでは引き続き待ちのスタンスで良いと思います、現在保有中の銘柄はそのまま保有継続で何ら問題は有りませんが、次の新規の買い出動に関しては来週以降、その様なスタンスで良いと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る